10月の誕生石「オパール」の持つ力

10月に入り、秋も本格的に深まって参りました。
ありがたいことに、月の初めに誕生石についてご紹介し続けてこられたわけですが、
10月の誕生石もとして今回取り上げるのは、
パワーストーンの中でも独自の分類と人気を誇る鉱物、オパールです。

オパールと言えば、多くの方はまず白色や乳白色のものを思い浮かべるのではないでしょうか。
確かに和名でも「蛋白石(たんぱくせき)」と呼びますから、卵の白身のような色合いのイメージは強いかもしれませんね。

しかし、これはオパールと呼ばれるもののごく一部に過ぎません。
実際には、不透明なものから半透明なものまであり、
色も白色の他に、赤色、褐色、黄色、青色、緑色、無色…などなど、実にバリエーション豊富です。
さらに、光の当たり方によって虹色の輝きを見せる「遊色効果」と呼ばれる効果を持つものもあれば、全く持たないものもあります。

このように個性豊かであり、産地によってもかなり個性の違いが表れる鉱物であるために、オパール独自の専門用語も存在します。
鉱石の中でも人気は高く、オパールだけを追い求める愛好家も少なくありません。

個性豊かなオパールではありますが、遊色効果を持つものの独特の輝きからか、
「希望の石」「幸運の石」として古来より愛されてきたようです。
そして、産地や成分などによって様々な形に変容して形成することから、
そのパワーは「柔軟性」「変化」といったキーワードとも関わってきます。
さらに、そこから転じてか、「創造性をもたらす石」としても知られています。

いずれにしても、
「希望のある、明るい変化をサポートしてくれる石」
「柔軟になることで幸運に気付けるよう、導いてくれる石」
と言えるでしょう。

ここで、そんなオパールの、明るいエネルギーを込めたエネルギーグッズもご紹介しましょう。

オパライトの高いピラミッドオブジェ 《オルゴナイト》 4×5.5cm

中央にあるオパライトは、シンセティックオパールとも呼ばれる人工石で、ネガティブなエネルギーを浄化し、直観力を高める効果があります。ターコイズ、ソーダライト、ホーライトと共に、強い浄化と直観、意志を引き出してくれます。さらに、オルゴンの力によって浄化力が高まり、ピラミッドの中の波動の高いエネルギーは上の方へスパイラル状に放出されていくので、より効率よくエネルギーも広がっていきます。

※シンセティックオパール(オパライト)は、オパールを模して人工的に作られた石です。

オパレッセンス(子宮の中の光) 《フローラコロナ》15ml

オパレッセンスは、海のようなおだやかさを持つパーレッセンスに対し、花火のようなきらびやかな輝きをもっています。オパールは、変化を促し、方向性を見失わず澄んだ瞳で、物事を見極め考える力を与えてくれると言われています。

ルベライト(ピンクトルマリン)、ローズクオーツ、オパール、ホワイトクオーツが入っており、心の傷やトラウマを癒し人を愛する優しい気持ちを呼び起こし、明るさと幸運、喜びを運んでくれます。とても優雅で美しい反面、その下は泥の中にしっかりと根を張っているハスの花は、つらい過去を洗い流して養分に変え、心の余裕をもたらし、美しい生き方へと導いてくれるでしょう。

もし興味を持っていただけたのであれば、まずは実際にオパールを販売しているお店に足を運んだり、
インターネット上で画像を探したりしてみてはいかがでしょう。
パワーストーンとしてだけでなく、鉱物としてのオパールの魅力に、あなたも夢中になってしまうかもしれませんよ!

雨音 水螺

雨音 水螺

自身の経験から、エネルギーワークも含めスピリチュアルに興味をもち、フリーランスでライターをやる傍ら、チャネリングを中心に日々探究・精進に勤しんでいる人。日々感じたことだけでなく、受け取ったメッセージなどを自身のブログに綴っている。