心を静めてぐっすり深い眠りへいざなってくれるアロマオイル 5選

緊張状態が続いたり、ストレスがたまるとちゃんとした睡眠がとれなくなりますよね。
眠りが浅くなることで、前日の疲れが残ってしまうことも。
そこで活用したいのが、アロマオイルです。
心を静めて深い眠りへいざなってくれるアロマオイルを5つご紹介します。

1.ラベンダー
1つは持っておきたいアロマオイルとして定番となっているラベンダー。
緊張を緩和し、リラックスさせる働きがあります。
穏やかな香りなので、ハンカチに数滴たらして枕元に置いておくだけでも安眠効果が期待できますよ。

2.乳香(フランキンセンス)
柔らかく甘みのある香りが特徴的な乳香。
フランキンセンスとの別名もあるアロマオイルで、不安を感じているときに心に落ち着きを取り戻してくれます。
イライラして眠れない時にもおすすめで、柔らかな香りが心をなだめてくれるでしょう。

3.スイートオレンジ
柑橘系の中でも甘さが感じられるスイートオレンジ。
レモンやグレープフルーツのような鋭さをもつアロマオイルとは対照的に、温もりある香りが魅力です。
血行促進効果があるので、冷え症で眠れない方は、マッサージに活用してみてはいかがでしょうか。

4.サンダルウッド(白檀)
お線香の香りとしても用いられる白檀は、サンダルウッドのアロマオイルとして活用されています。
サンダルウッドは落ち着いた香りで高ぶった心を静めます。
甘い香りが苦手な方にもおすすめで、サンダルウッドを寝室用の芳香浴に使うと良いでしょう。

5.ネロリ
希少性の高いアロマオイルとしても有名なネロリ。
同じ柑橘系のスイートオレンジよりも濃厚で深みのある香りです。
体と心に対して鎮静作用が高く、ゆっくりと眠りたいときにおすすめです。

記事内でご紹介したアロマオイルは、どれも鎮静作用が高く、
乱れがちな自律神経を整える効果も期待できます。

睡眠不足を感じている方や、眠っても疲れが取れにくい方は、
是非ご紹介したアロマオイルで深い眠りを体感してみてくださいね。

AEAJ認定アロマテラピーアドバイザの花山さくらでした。

ネロリ《ミカエル・ザヤット》1ml》 10ml

ネロリは、オレンジの花から抽出される甘くて優しい香り。「天然の精神安定剤」と呼ばれ、長く傷ついたり、深く落ち込んだりした心の奥まで染み込んで優しく癒してくれます。また、スキンケでは成熟肌におすすめです。貴重なエッセンスですが、少量でも強く働きます。
 

花山さくら

花山さくら

今話題の美容やコスメ情報、恋愛などを専門とするフリーライター。アロマテラピーアドバイザーやメディカルハーブセラピストなどの資格を活かして、専門的な知識のもと、繊細な女性に癒しを提供していきます。