“ペットにフラワーレメディを使う時”に大切なこととは?

おはようございます、HALです。

あっという間に師走も後半ですね。
このブログも、今年最後の回になりました。

今回はいつもと趣向を少し変えて、
ペットにフラワーレメディを使う時に大切なことについて、
お話ししたいと思います。

フラワーレメディを使いたいと思う時は、ペットに何らかの問題行動等のあった場合が
多いと思います。

威嚇する、無駄吠えが酷い、怯える、人見知りする、卑屈になる、お留守番が出来ない…など
理由は様々ですが、こうした問題行動は、身体的な病気があった場合を除き、心が関係しています。

そうした心の問題の全てを、38種類のエッセンスを単品、もしくは組み合わせて使うことで、
解決できるように作られているのが、フラワーレメディです。

けれど、実際に与えてみると、必ずしも効果が目に見えて感じられないこともあるでしょう。
それはなぜなのでしょうか?

1. 目に見えない部分で効果が出ている
2. まだ効果が出るには早すぎる
3. エッセンスの選び方が間違っている

実は、大きく分けると、上記の3つの内のどれかであることが殆です。

ペットは人間と違い、フラワーレメディ等のエッセンスを
素直に受け入れることから、効き目が比較的早く出るといわれています。

しかし、効き目は一律に表れる訳ではありませんので、
即効性のあるフラワーレメディ以外では、やはり続けて与えることが
大切になります。※基本的には3週間以上与えることが推奨されています。

また、ペットの表面的な行動だけを見てエッセンスを選んだ場合、
実は、問題行動の原因はそのエッセンスが対応しているものでは
なかったということもあり得ます。

そのことからも、普段からペットとのコミュニケーションの中で、
どのような性格なのかをよく観察しておくことも大切です。

とはいえ、保護したばかり、迎え入れたばかり等、
性格などの把握をするには時間が足りないということもあると思います。

そんな中、興奮して威嚇したり、咬もうとしたり等の問題行動があったり、
怯えたり、パニックになったりなどの緊急を要する様子が見られたら…
と思うと、不安ですよね?

そんな時には、38種類の中からもっとも多く使われている5つのレメディを調合して作られた
レスキューペット」が頼りになります。

レスキューペット《バッチフラワーレメディ》10ml

心の動揺が大きいときの緊急フラワーエッセンス「レスキューレメディ」を大切なペットにも。
突然の事故やトラブルに遭ってしまった、怯えている、興奮している、病院やトリミングサロンに行く前など、ペットをリラックスさせたいあらゆる場面でお使いください。普段でも「様子がおかしいな」と思える時に使用すると、神経の高ぶりや乱れた心のバランスを整え、本来の落ち着きを取り戻す手助けをしてくれます。短時間で効果を感じることができるでしょう。

これからの年末年始にかけて、
いつもとは違う雰囲気に、敏感に反応してしまうペットも
いることと思います。

レスキューペット」は、ちょっと様子がおかしいな…という時にも
本来の落ち着きを取り戻すサポートをしてくれるので、
常備しておくと安心です。

フラワーレメディは、本来、緊急時だけに使うものではなく、
日常をより良くするためにも役に立つエッセンスです。

人はもちろんペットも、その性格や、その時々の心の揺れに合わせて
セレクト&使用をすることで、より豊かな生活を楽しめるようになれますので、
ぜひ、その子にあったエッセンスを見つけて、与えてあげてくださいね。

それでは、また来年お会いしましょう。
良いお年をお迎えくださいませ。

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。