腎不全などの腎臓の病気や、腫瘍のあるペットには○○が効果的!

おはようございます、HALです。

突然ですが、皆さんはペットにどんなフードを与えていますか?

我が家では、犬君はお気に入りのフードがあって、それを
ずっと継続して食べていますが、猫ちゃんの場合は、不定期的に
フードを変えてあげないと、飽きてしまうようで、食べてくれなく
なるので困っています(笑)

その周期がまた訪れたので、昨日、フードを選びにショップに行って
来ました。いろいろなフードの中から、老猫にもやさしい、薄くて
食べやすい形のものを選んだのですが、もう1点、選ぶ基準にしている
のが、「腎臓サポート」と書いてあるかどうかです。

実は、我が家の老猫は、軽度の慢性腎不全なのです。

a0782_000949

腎不全になると、身体の中の毒素や不要物を体外に排出する働きが、
鈍くなったりできなくなったりします。

すると、全身に毒素が回る「尿毒症」という状態に陥り、重篤な状態に
なってしまうのです。この腎不全などの腎臓の病気は、猫の死因の中で
もっとも多いことでも知られています。

しかし、実は犬にも多い病気で、近年は食生活の変化からか、その数が
増えているというのです。

a0007_000699

この病気の厄介なところは、徐々に進行していくところで、症状が現れた時には
かなり進行してしまっていることです。

多くのペットが罹(かか)り易いことから、フードにも予防するための
成分が配合されている訳ですが、これだけで予防出来ないことは
周知の通りです。

そこで、我が家の愛猫のように、腎臓などの病気を疑うペットに強くお勧めするのが
コモンジェニパー」です。

コモンジェニパー(腎臓・肝臓用)(ペット用)《ジェモセラピー》

本来、腎臓や肝臓は、体の中の不要物や毒素を分解して、体から有害物質を排除する働きをする臓器です。この大切な働きを維持するために、コモンジュニパー(西洋ネズ)は、臓器の細胞ひとつひとつに働いて、毒素や新陳代謝によってできる老廃物を排出して、腎臓と肝臓の健康を維持します。また、コモンジュニパーには、肝臓の炎症を防ぐ効果や、腎臓に対しては利尿の効果があることが認められています。

この「コモンジェニパー」は、病気などに特化した、「ジェモセラピー」シリーズの
1つなのですが、腎臓疾患はもちろん、肝臓なども含めた機能不全や腫瘍全般にも
効果を発揮してくれます。

予防にもとてもよいフラワーエッセンスですので、ぜひ、健康維持のためにも
取り入れて欲しいと思います。

ペットの元気な姿を見ることは、飼い主の元気にもつながりますよね。

それでは、次週もまた火曜日にお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。