ペットフードの油分に問題が?胆のう炎や胆石症などの予防にはこれ!

おはようございます、HALです。

先週のコラムでは、ご心配をお掛け致しました。
(※ http://remedia.jp/3005 参照)

いったん健康を損なうと、色々と制約が出てくるようになりますので、
日頃から健康を意識して生活習慣を作ることは、快適な生活を
送る上で、かかせないものなのだということを痛感しました。

私は、肉類など、脂肪分の多い食事が大好きなのですが、
これも制約の対象になり、とほほな気分です(苦笑)

心臓疾患に、脂肪分の過剰摂取が負担になることは知られていますが、
それだけではなく、脂肪の消化を助ける“胆嚢(たんのう)”に
負担を与えてしまうことも知りました。

実はこの胆嚢の疾患、ペットも犬を中心に、病気になる仔が増えているのです。

dog0166-039

病名としては、

胆嚢炎
胆泥症
胆石症
胆嚢粘液嚢腫
胆嚢ポリープ
胆管炎
胆管癌

・・・などがありますが、これを発端として敗血症などの、
他の病気を誘発してしまう場合もあります。

これら病気は、楽観できるものではなく、手術が必要になったり、
大切な胆嚢を切除しなければならなくなったり、意識障害が起こったり・・・と、
重篤になってしまうことの多い病気が多数含まれます。

この病気にかかるペットは、肉類などを多く与えていたり、
生まれながらの体質が影響したり、ということも一因にありますが、
多くの要因として考えられるのは、なんと市販のペットフードです。

ペットフードにも、脂肪の元になる油分が添加されていて、それも栄養素のひとつとして
大切なものですが、コレステロールゼロや、酸化しにくい油など
“身体に良い油”を厳選して使用しているペットフードは、残念ながら少ないようです。

そこで、予防も兼ねて与えて欲しいのが「ローズマリー(胆嚢用)」です。

ローズマリー(胆嚢用)(ペット用)《ジェモセラピー》

胆嚢は、肝臓で作られた胆汁を蓄積して総胆管、十二指腸へ分泌する臓器です。胆汁は脂肪の消化を手助けし、腸内細菌を正常に保ちます。ペットが脂肪分の多い食べ物や、質の悪い油を使用したフーズを食べ続けることで、胆汁がドロドロになり、胆嚢炎や胆石症などの病気が増えています。ローズマリーには肝臓と膀胱の浄化排泄を行って胆嚢の機能を正常化させる作用が認められています。

ペットフードは、長い間同じ種類のものを与えることが
多いと思いますので、悪い成分が身体に蓄積されてしまうことを
防ぐ意味でも、予防は大切ですね。

もちろん、すでに胆嚢疾患で、病院に通っている仔にも
与えてあげてください。正常に戻すためのサポートをしてくれる、頼もしい味方です。
フラワーエッセンスは、病院でもらうお薬との併用でも、副作用がないので安心ですよ。

ペットも飼い主も、健康がなにより。

それでは、次週もまた火曜日にお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。