にゃんこが狭い所好きな理由とは?一見ふしぎな猫の生態

おはようございます、HALです。

日中はだいぶ暑くなってきましたね。

寒い時期には、一緒に布団の中で寝てくれた愛猫も、
最近は暑いのか、足元や枕元で寝ることが増えてきました。

そして、冬は毛足の長い絨毯の上がお気に入りだったのに、
最近は、どこにいるのか探してみると、ベッドの下の狭い空間に
へばりつくように潜っていることも多くなりました。

きっと板張りで日が当たらない空間なので、
他所よりも涼しいのでしょう。

考えてみると、猫はこうした狭い空間が大好きですよね。

SNSなどで人気のにゃんこ達を見ても、どうみても身体よりも小さいダンボールの中に
無理やり収まっていたり、ソファーの連結部分に潜り込んでいたり・・・。

そして、必ずといてって良いほど、顔はこちらに向けているのです。
だから、写真を撮ったときにとてもかわいいんですよね。

でもこれ、飼い主にフォトチャンスを与えるためにサービスしてくれている訳ではなく、
実は野生だったころからの習性の一部なのだそうです。

gahag-0014934026-1

野生の猫は、狭くて暗い小さな穴などに獲物がいることを知っていました。
また、獲得した獲物を他の動物に盗られないために、狭くてちょうど身を隠せる場所で
食事をしたとも言われています。

そうした名残りが、食事の心配をすることがなくなったペットにも、
残っているということなんですね。

そして、顔をこちらに向けているのは、いつでも危険を察知できるようにという
身を守るための習性なのだそうです。

たまに、袋の中などに頭から入って、お尻だけ丸出しの猫画像などをみかけることが
ありますが、これはきっと、家の中は安全だと安心しきっての行動なのでしょう。

そう思うと、習性を忘れおって・・・と思う反面、可愛さに思わず頬ずりしたくなります(笑)。

gahag-0011759001-1

ところで、そんな見ているだけで癒される猫ちゃんですが、
病気やケガをしていても、顔や態度に出さないのが普通なので、
様子がおかしいなと思ったときには、病状が進んでいた・・・ということを
経験された飼い主さんも多いのではないでしょうか?

これは猫に限ったことではなく、弱肉強食の世界の常で、
野生動物は弱ったところを見せたら命の危険が増すことを、本能で知っています。
だから、そうした弱い面を飼い主にも見せてくれないのです。

それはメンタル面に関しても同様です。
不安感があっても、じっと耐えようとしてしまいます。

でも、毎日コミュニケーションを取っている飼い主なら、目を見れば
なんとなくいつもと違う・・・と、気付けるのではないでしょうか?

そんなときには、ぜひ「アグリモニー」を与えてみてください。

アグリモニー(ペット用)《バッチフラワーレメディ》10ml

人なつっこく、陽気で明るく、ひょうきんだけど、苦しんでいるときもそれを見せないペットに。アグリモニーは、心配事に気づかぬふりをして、不安な心を隠し、人前ではうまくいっているように見せてしまう時、隠している心配事にまっすぐ向き合わせてくれるフラワーエッセンスです。

このフラワーエッセンスは、心を開放することで、
必要なときには人に助けを求めることもできるように、サポートしてくれるエッセンスです。

野生時代の習性を受け継ぐことも大切ですが、飼い主には本心をちゃんと語って欲しい・・・。
そんな願いを叶えてくれるこのエッセンスは、よりペットとの関係を深めてくれることでしょう。

それでは、次週もまた火曜日にお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。