幸福のシンボル「アンバー(琥珀)」の魅力

皆さん、おはようございます。すいらです。
前回ご紹介したラピスラズリのように、今回も自然のエネルギーアイテムについて触れていきます。
今回のアイテムは、アンバー(琥珀)です。

太古の植物の樹脂から生まれた化石であるアンバー。
よく知られているのは「虫が入っているもの」であり、実際に虫入りのものを持っている方もいらっしゃるかと思います。
(虫入りではないものの)私も2つほど持っていますが、
鉱物からなる鉱石とも、動物性の宝石・貴石(真珠や珊瑚など)や化石とも違う美しさを持っているなと感じています。

ただ、アンバーと人との関わりは、鑑賞する・される関係に留まりません。
かつては様々な症状に対する薬として用いられていた上に、後に薬効のある成分が発見され、
その内のひとつは、アンバーから初めて発見されたことから「コハク酸」と名付けられ、今でも利用されています
(なお、コハク酸は、貝類やアルコール発酵食品などに含まれるうま味成分の一種でもあるため、現在では主に食品産業での利用が多いようです)

そして、パワーストーン(※アンバーは鉱石ではないので、厳密には「ストーン」に分類されるものではないと思いますが、ここでは便宜上この表現を用います)という観点で見た場合でも、
アンバーは、他のパワーストーンとは少し違った性質を帯びていたりするのです。

heart-1202129_640

アンバーは古くから、かつ世界中で、幸福を呼び込むお守り、あるいは厄除けのお守りとして利用されてきました。
「幸運や良い人間関係を引き寄せる」「身に付けた者のエネルギーを補充する」パワーがあるともされていますが、
これらは、アンバーが持つ「こすると静電気を帯びる」性質の影響があるのでしょう。

また、アンバーを触ると、不思議なあたたかさを感じられます。
明らかに鉱石とは異なるので、これはぜひ体感していただきたいところです。
もしお持ちであれば、ひんやりしていると感じることの多い水晶と触り比べてみると、より分かりやすいかと思います。
どこかほっとして、癒やされるような独特な感触も、アンバーが世界中で愛されている理由のひとつなのでしょう。

特にヨーロッパの方では、アンバーの幸福のパワーが重視されていて、
「幸福を贈る」という意味で、大切な人にアンバーを贈る風習があるのだそうです。
それにならって、親しい友人や恋人、家族などに、アンバーをプレゼントしてみるのもいいかもしれませんね。

【限定品】リング(マルチカラー&三角形)《アンバー》

アンバーは約5千年前に生成された有機物質です。アンバーは、バルト海に近い領域で育った松の木によって産み出された化石樹脂から由来しました。この狭いバルト海の領域は、世界中の高品質なアンバーの鉱床のうち約90%を保有しています。一般的には、バルト領域からとれたアンバーは世界最高峰とされています。

ネックレス(マルチカラー&バロック形)《アンバー》

アンバーは約5千年前に生成された有機物質です。アンバーは、バルト海に近い領域で育った松の木によって産み出された化石樹脂から由来しました。この狭いバルト海の領域は、世界中の高品質なアンバーの鉱床のうち約90%を保有しています。一般的には、バルト領域からとれたアンバーは世界最高峰とされています。

贈り物にするならば、この2つのような、アクセサリーになっているものがおすすめです。
アンバーのパワーを身近に感じられますし、
身に着けるもののプレゼントは、目に入りやすい分、相手からもらったことを長く覚えているものですから、
結果として「幸福をもらったこと」や、もらったことそのものに対する嬉しさを、相手に思い起こさせてくれるはずですよ。

幸福のプレゼントは、もらった方だけでなく、あげた方の幸福も増幅させてくれます。
幸福のシンボルに想いを託して、あなたも相手も、さらにハッピーになってくださいね!

雨音 水螺

雨音 水螺

自身の経験から、エネルギーワークも含めスピリチュアルに興味をもち、フリーランスでライターをやる傍ら、チャネリングを中心に日々探究・精進に勤しんでいる人。日々感じたことだけでなく、受け取ったメッセージなどを自身のブログに綴っている。