グラデーションが美しい紫陽花の季節「6月」のカラー

6月に入りましたね。
6月と言えば、そろそろ紫陽花が美しい季節です。
土壌のPHによって赤~紫~青と色が変わる紫陽花は、数秘術の世界から見ると6月そのもの。
6月が象徴する6のエネルギーを100%具現化した花なんですよ。

ed43edbb7a325f9331cdb3f22624807a_s

え?紫陽花が!?
と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

なので、今回は6と紫陽花の共通点を読み解いていきましょう。

まず、6のエネルギーについて。
6のエネルギーは六芒星の形によって表されます。

六芒星は、言わずと知れた「上向きの△と下向きの▽が合わさった姿」。
つまり、プラスとマイナス、または男性性と女性性が一体となっている姿で、「統合」「完成」「美(完璧な美しさ)」といったエネルギーを持ちます。

115253b

この、男性性と女性性。
色で言うなら、男性は「赤」、女性は「青」がイメージカラーです。
ここで、ピンと来た方もいらっしゃいますよね。

そう。
紫陽花の色、「赤」と「青」は男性性と女性性を表しているのです。
そして、6のエネルギーを象徴するイメージカラーは紫。
赤と青の中庸、中間とも言える紫です。

紫陽花とまったく同じ色だと思いませんか?

つまり、6月の花「紫陽花」が伝えるのは、どちらかに偏るのではなくどちらも受け入れてバランスを取ることの大切さ。
まさに6のエネルギーが伝える意味と同じです。

そんな紫陽花のエネルギーをふんだんに取り入れた特別なオイルを、今日は紹介しましょう。
紫陽花の持つ「統合」「完成」「完璧な美しさ」のエネルギー。
カバラの世界では6は、人間が到達できる最も高い位置、高み、完成の位置だと言われます。
※カバラでは、10から1までの数字に対応する学びがあると言われますが、実際には人間が意識の中で関知し、目的を持って学ぶ学びとしては6が最高だそうです。

6の持つ完璧なエネルギーは、もっと上に昇りたい、今よりも才能を発揮したいと願う人たちにとっては喉から手が出るほどほしいエネルギー。
あなたも早速取り入れて、自分の限界を超えてみませんか?

▼紫陽花の花が入ったオイル

アセンションライト(アセンションの光)《アンシェントメモリーオイル》15ml

自分の潜在能力を最高に発揮するためのオイル。自分の能力やメンタル、魅力などのレベルアップを手助けしてくれます。自分は世の中のために何ができるかが見えてきて、あなたの人生の目的に気づきを与えてくれます。柑橘調の爽やかなメイチャンとスピリットに語りかけるサンダルウッドの香り。

商品の特長とメリット
・潜在能力を発揮する
・能力や魅力をレベルアップする
・人生の目標に気づかせる

▼紫陽花と同じエネルギーを持つアクセサリー

エロヒムの紫の光 No.61 ジルコン 《リヒトウェーゼン》 16×22mm

テーマ/変換、負担と束縛からの解放、根底から徹底的にブロックを解除、境界の突破、自己啓発、カルマの分散天使の中で最も高い波動を持つエロヒムの紫の光のエネルギーを注入したジルコンアクセサリー。古いパターンと制限される思考を早く認識して手放すことにより、新しい考えや行動にシフトします。心が軽くなり、自由を感じることができるでしょう。魂と繋がりやすくなり、直感を使って物事がスムーズに進行することも。ペンダントやピアスとして、単品でも、他の色光のジルコンやシルバーハンガーと組み合わせて使用することもできます。

特長やメリット
・「負担と束縛からの開放」をもたらす紫の光
・エロヒム天使のエネルギーを注入
・古い考えを捨て新しい考えや行動へシフトする
・魂と繋がりやすくなる
・ニッケルを含まないスターリングシルバーを使用

Rieko

Rieko

日常生活に心の彩りを。色と数字、心の世界に惹かれて十数年。「日常の中に取り入れる自然な癒し」をテーマに毎日を送っています。私たちの世界にあふれる色彩。その色の話を中心に、数字や心、ハーブ、フラワーエッセンスの話を綴っていきます。