便秘とおいら

さてと、いきなり話は飛んで、まず「便秘」からこの話を始めたい。これについては余計な説明は不要だろう。もし、便秘と下痢、どちらかを選べと言われたなら、多くの人は間違いなく下痢を選ぶはずだ。誰も、そんな下品な命令することなんてないけどね、フツウ。(あからさまな単語が多く、食事中の方には申し訳ないとは思いますが、おいらは健康道を追求する求道者のようなものなので、ご容赦ねがいます。)それは、便秘を経験した者にしかわからない、あの苦しさが我慢ならないから。

bubble-1013915_960_720

 

おいらはいつからかものすごい便秘になっていた。週に2回お通じがあればいいというような状態だった。もちろん、週1回もないという、便秘界の横綱、白鵬みたいなかたもおいででしょうが、週2回でもかなり苦しいのは事実なんです。

そもそも、なんで便秘になってしまったのか?この問題を解決するためには、その原因から探る必要があるはずだ。

think-about-1217109_960_720

おいらはこの虚弱体質のせいで痩せている。痩せている人間はほぼ間違いなく、寒いところが大嫌いだ。寒さが骨身にしみるからね。おいらはそんで、東北生まれで東北育ちときている。そんでついつい、さむーいトイレに行くのを我慢してしまうことが多かった。もともと大食漢ではなかったので、1日ぐらいトイレ(大のほう)を我慢しても平気だったりする。気が付くと、2日間お通じがないなんてことが繰り返される。これがよくない、と思う。やはり、規則正しく、習慣づけることが大事だ。しかし、一旦、便秘体質になってしまったなら、体には恒常性という、何でもかんでも安定させ、繰り返す性質があるそうなので、ここから抜け出すのが難しいのだ。

 

まあ、とにかく、思い込みの強さと、行動力だけは誰にも負けなかった。が、あまりにも無知だったおいらがまず思いついたことは、出ないなら無理にでも出せばいい、という安直な考えだった。すぐに、薬局へ飛んで行き、イチ○○浣腸を買ってきた。その日は3日ほど通じがなく、本当に苦しかった。まず、1本浣腸を打ち、様子を見るつもりだった。のだが、初めて使ったイチ○○浣腸の効果はすさまじく、あっという間に便秘は解消した。

 

そんなわけで、それからしばらく、便秘になるとこの製品のお世話になった。この辺の話は高校3年生くらいの話で、ここから少し時間が進む。

キョジャッキー

キョジャッキー

大学生で1年留年中の身です。身長169cm、体重50kg。慢性的な金欠のため、日々様々なバイトおよび危ない?仕事に精を出す日々ですが、頑張っていきます!