幸せになってはいけない気がする…罪悪感を消したいときは

こんにちは、シイナエマです。

みなさんのなかに、物事がうまくいっても、素直に喜べない人はいませんか?

良いことがあっても、「これは何かの罠?」「自分には幸せになる資格がないのに…」なんてネガティブな感情になってしまう人がいます。

無意識のうちに幸せになることに対して罪悪感を持ってしまう人は、たとえ幸せなことが起きても、それを受け入れられません。そこで、その罪悪感を手放す努力をすることが必要です。

まず、あなたが幸せになったからといって、誰かが不幸になるわけではありません。むしろ、ハッピーな笑顔を見せている方が、周りもハッピーな気持ちになれるということを知っておきましょう。

そして罪悪感が心の負担になっているときには、気持ちを落ち着かせながら「私は幸せになってもいい」などと自分自身に言葉を掛けましょう。自分の幸せを決して否定しないのです。

また罪悪感を消したいとき、フラワーエッセンスも強い味方になってくれます。とくにオススメなのが、以下の2つのエッセンスです。

パイン(自己受容)《スターエッセンス》30ml

自己愛、許し、価値。自分自身と、選択したものや未来を受け入れ、顔をしっかりと上げ前へ進む力量(パインはテストステロンのエネルギー構造をしています。花粉がいっぱいの松の花は、天然のテストステロンとして利用されました)

パイン(Pine)(許し) アルコールベース《バッチフラワーレメディ》20ml

パイン(Pine)は、罪悪感で自分を責めてばかりいる人のためのフラワーエッセンスです。このエッセンスを必要としている人は、物事がうまくいかないと、そのことに対して罪悪感を抱えて悩んでしまいます。また過去の失敗やミスをよく思いだし、それが自分のせいだと思いこんで自分を責め、自分に満足することができません。

誰もが幸せになる権利を持っています。自分だけが幸せになってはいけないと罪悪感を抱えて悩んでいる人は、フラワーエッセンスの力を借りて、自分の価値を素直に認め、幸せを受け入れられるようにしたいですね。

シイナエマ

シイナエマ

フリーランスライター。女性の美容や恋愛、仕事に関する記事を中心に執筆中。 スピリチュアルセラピスト検定試験に合格。女性がより輝けるためのお手伝いができれば嬉しいです。