子供はみんな、『引き寄せの法則』を使っている

 

皆さん、こんにちは! MACO(マコ)です。

 

夏休み、太陽のひかりが降り注ぐ中で自由自在に動き回る子供たちを見ていると、なんだかスカッとした気持ちになりますね。

夏という季節の持つパワーを、抵抗しないで受け取ろうという気持ちが、こちらにも湧いてきます。

 

今日は、そんな子供たちが皆、実は「引き寄せの法則」の天才だということをお話ししていきたいと思います。

1c5cad5d58098f6c97d1a5a740610f10_s

皆さんは子供の時、将来の夢を聞かれてなんと答えていましたか?

「ケーキ屋さん」「サッカー選手」「漫画家」……色んな夢があったと思います。そして、どれも本当になれると、心の底から思うことが出来ていましたよね。

 

子どもたちにとって、未来に潜む無限は全て、繁栄のためのものです。

そこに不安要素が混じることは無いし、現実の状況なんて関係ありません。

私の未来は無限に反映していくはずだから、どんな夢でも叶うはず! これが子供たちの未来の展望です。

 

どんな人でも、子供の頃は「なりたいと願えばなれる」という、不思議な確信のようなものがあったと思います。

これは“全能感”とも言い、子供の内は誰もが多かれ少なかれ持っています。

実は、これを忘れない人が成功を引き寄せることが出来るのです。

 

不思議なことですが、人は皆、「人生は幸せになるためにある」ということを悟った状態で生まれてきます。

子どもたちは、活き活きと暮らし、楽しみが膨らんでいくことを当然と感じています。

それが何かに遮られることを想像したりしません。

不安や心配の存在については、大人を見て学んでいくのです。

そして、「それは無理だよ」「こうしなければならない」と言い聞かせられ、プレッシャーをかけられて、次第に純粋な全能感を失い、人生の意味を見失ってしまうのです。

 

赤ちゃんや子どもを見ると、私たちは無意識に笑顔になり、幸せな気持ちになりますよね。

これは、私たち大人が、子供に心底憧れているから。

「幸せになれる」と確信していた自分を、潜在意識は覚えている。

疲れを忘れて遊び回り、自然と一体になった時のあの湧きあがるようなエネルギーは、経験として私たちの中に残っているのです。

だから、私たち大人は子供に惹きつけられてならないのです。

 

生まれたことの喜び・幸せを享受する子供から、私たち大人が学ぶことはたくさんあります。

子供たちのように、この世界の美しい部分に、もっと気付きましょう。

そして自分の中の“子供の心”に目を向けてみてください。

大人になっても“子供の心”で世界を捉えることが出来る。そういう意識があれば、欲しいモノを引き寄せる力がぐっと強いものになるはず……

子供たちの世界を見つめる眼差しを見た時、私はいつもそう感じています。

childrens-1256840_640

MACO(滝澤真子/タキサワ マコ)

MACO(滝澤真子/タキサワ マコ)

「夢は力を発してこそ叶う」を信条に、メンタルトレーナーとしてビジネスマン向けマガジンや10代の青少年のためのコラムを執筆中。仕事、受験、人間関係、恋など、それぞれの悩みに「力を発揮するための処方箋」を届けます。