人間関係の悩み「SNS疲れ…友人の投稿に嫉妬してしまう」

こんにちは。SUN&MOON 柳瀬更織です。

今回は、30代主婦の方から、こんなご相談をいただきました。

「Facebookとインスタグラムを使っています。はじめはいろんな友達の生活が見れて楽しかったのですが、結局はみんなリア充を自慢したいだけみたいで、なんだか疲れてしまいました。また、友達の華々しい投稿を見ると嫉妬してしまう自分がいて、すごくイヤです。さらにはそれでストレスが溜まってしまいます。友達とのライフラインとしても必要なSNS、退会をしないで穏やかにSNSを使う方法が知りたいです。(30代/主婦)」

 

Facebookやインスタグラムなど、SNSはとても便利ですね。

遠く離れた友人や知人とSNSを通じてコミュニケーションが可能になったことによって、他者との距離感が近くなったように感じます。

でも…SNSの中で展開される友達の「リア充」な様子に、ため息が出る事だってあります。

みんなこんなに充実した日々を送っているの?こんなに楽しい毎日を過ごせるなんて羨ましい…そう思って、友達の投稿にストレスや嫉妬を感じることは、とても自然な感情です。

ですから、友達の投稿を見るのが辛くなっているご自分を責めないでください。

誰しも、相手の状況だけを一方的にアピールされ続けると、とても苦しい気持ちになるものです。

だって、人生は楽しさや充実ばかりの日々ではありませんから…。

touch-screen-1023966_640

直接、友達と会話する場面で、相手が一方的に喋り続け、自分は黙って延々と話を聞かされる状況を想像してみてください。

それが、充実した内容であっても、苦しい内容だったとしても「一方的なものを受け取り続ける」というのは、やはり疲れてしまいますよね。

SNSは、このような構図に近いものがあります。

 

人は、自分に注目してもらいたい、気持ちに共感してほしいという「自分発信」の願望を密かに持っています。

それを可能にしたのがSNS…一般人でも全世界に「自分を発信する」ということが、簡単に出来るようになりました。

Facebookの「いいね!」など、人から共感を得たり、良い評価をもらうことで自己肯定感が高まり、「自分発信」の願望が叶っていく感覚を味わえます。

 

さらに、ネットというワンクッションがあることで、「良い部分」だけを切り取って、一方的に発信をすることが出来ます。

例えば、素敵なカップに注がれた珈琲の写真に「くつろぎの時間」…なんてコメントをつけてSNSに投稿するだけで、その人の生活は、とても優雅に見えますね。

そして、この投稿を見た人は、相手がいつもこんなに素敵な時間を過ごしているかのように思えます。

でも、実際は、仕事や家事にバタバタと追われた中での、ほんの5分間の珈琲かもしれませんし、もしかしたら悩みを抱えながら飲んだ珈琲かもしれないのです。

でも、SNSの中では優雅に演出できる。

「リアルに見えるけれど、全てではない」

そこが、SNSの魅力でもあります。

frogs-1037853_640

では、SNS疲れをどのように回避していけば良いのでしょうか?

 

まずは、SNSの中で展開される、いわゆる「リア充」な投稿は、生活の中の「ほんの一部」であると捉えてみましょう。

すると、友達の投稿も心穏やかに見て、サラリと流せるようになってくると思います。

 

また、毎日チェックしていたSNSを数日置きにしてみる、友達の投稿のフォローを外すなど、物理的にSNSと一定の距離を持つことも大切です。

思い切って「SNS断ち」をしてみることもオススメ!

退会するまでもなく、SNSを全く見ない時間を数週間ほど過ごしてみると、意外にもスッキリしますよ。

SNSに取られていた時間が自由に解放され、本当に好きなことに自分自身を尽くしていくことが出来ます。積極的に、楽しいことに時間を使っていきましょう。

SNSそのものと距離を保つだけであって、実際の友達と縁を切るわけでも離れるわけでもありませんから、安心して自分時間を充実させて下さい。

そのうち、あなた自身に、SNSに投稿したくなるほどの「リア充」があるかもしれませんよ♪

 

SUN&MOON 柳瀬更織

SUN&MOON 柳瀬更織

直観視・遠隔視・占い・ヒーリングをもちいて、運勢の流れ、本質、過去・現在・未来を読み解き、 個人対面セッションにて、人生を自分らしく進むために必要なメッセージとアドバイスをお伝えしています。