生理が終わったらこのアロマ!身体と心を引き締めるアロマテラピー

こんにちは、野田です。
グレープフルーツやジュニパーベリーのアロマオイルはダイエット効果があると注目されています。

女性の身体は月経周期によって、ホルモンのバランスが変化します。
月経周期に合わせてアロマオイルを上手に使い分けると、効率よくダイエットのサポートができます。
今回は、月経後に引き締め効果のあるアロマオイルを上手に使う方法をお伝えします。

月経後の女性の身体の変化

20160715001

女性の月経終了から排卵までの期間はダイエットに最適です。
排卵までの期間、女性の身体は余分な老廃物を身体の外に排出しようとする働きが活発になります。
これは男性に注目され、タイミングよく妊娠に至る為に必要なメカニズムです。
この期間に軽い運動をしたり、身体のメンテナンスをするのはとても効果的です。
ダイエットのサポートにアロマオイルも取り入れてみましょう。

月経後の引き締めにおすすめのアロマオイル

▼グレープフルーツ

20160715002]
爽やかな柑橘系の香りで、身体も気分もリフレッシュできます。
デトックス効果があるので、むくみをすっきりさせます。
また、グレープフルーツの香りは脂肪燃焼効果も認められています。
光毒性があるので、皮膚に使用するときは露出しない部分に使用しましょう。シミや日焼けの原因になります。

▼ジュニパーベリー

2_000000002578
ひのきに似た香りがする、針葉樹ジュニパーの実から取れるアロマオイルです。お酒のジンの香り付けにも利用されています。
身体の老廃物を体外に排出する働きがあり、ダイエットにも効果的です。また、爽やかなウッディー系の香りで高いリラックス効果が期待できます。

ダイエットをサポートしてくれるアロマオイル活用法

▼芳香浴

アロマランプで環境に拡散させて使います。
アロマランプを持っていない時は、熱湯を入れたマグカップにアロマオイルを2-3滴落とし、香りを楽しみましょう。
もっと楽したい時はコットンに一滴しみこませて香りを楽しみます。
また、アロマペンダントに仕込んで身に着けるのも良い方法です。

▼マッサージ

ホホバオイルやオリーブオイル50mlに好きなアロマオイルを10滴加えて
マッサージオイルを作ります。
マッサージをするときは手や足から中心になでるだけでOKです。
強く揉んだり、押さえる必要はありません。

▼入浴剤

天然塩を利用したバスソルトは手軽に作ることができます。
以前ご紹介しておりますので、こちらの記事をご覧ください。
≫ 簡単!自分の好きな香りでバスソルトを作ってみよう!

今回はシュワ~っと発泡するバスボムの作り方を説明します。

【材料】6-10個分

  • 重曹100g
  • クエン酸50g
  • コーンスターチまたは片栗粉 50g
  • アロマオイル 20滴
  • シリコンカップ
  • 精製水 少量

※重曹・クエン酸はドラックストアで購入できます。

【作り方】

  • シリコンカップに薄くホホバオイルまたはオリーブオイルを薄く塗っておきます。
  • 重曹・クエン酸・片栗粉をボウルに入れて少しずつ水を入れてこねます。
  • アロマオイルを加えて良く練ります。少し水が足りない位でちょうどいいです。
  • シリコンカップに生地を詰めます。6-10個に分けます。
  • 型から外して1-2日、日陰干しします。
  • 浴槽に1-2個入れて入浴を楽しんでください。

 

いかがでしたか。
女性の身体はとてもデリケートです。

ホルモンの変化に合わせて、アロマオイルを選択し、スッキリボディを目指しましょう。

  

野田 長世

野田 長世

1972年生まれ Webライター・コンサルタント。看護師・アロマテラピーアドバイザー メディカルハーブコーディネーター。「アロマテラピーを始めたいけど、何からはじめていいのか解らない・・・」そんなあなたに、家庭で気軽に始められるアロマテラピー最初の一歩をご提案します。