自信を与えてくれるチャクラ(サクラルチャクラ)とは?

こんにちは、ゆすらです。今回は、第二チャクラについてお話ししたいと思います。

第二チャクラはサクラルチャクラとも呼ばれています。場所は、おへそから指3本くらい下の、体の奥のほうに位置しています。キーワードは、自信、明るさ、自己肯定感、人生の目的、社会的成功、生活力、腸内環境などになります。

第二チャクラの最大のテーマは自信といえるでしょう。第二チャクラが活性化していると、「自分は自分のままで大丈夫」という、自分の存在価値がゆるぎないものになります。自分への高い肯定感、つまり自己重要感が生まれ、社会や環境や、職場における自分に対して、「自分はここにいていいのだ、必要とされているのだ」という思いが生まれます。その思いが生まれることにより、エネルギーがみなぎってくるのです。

sky-268932__180

ありのままの自分を肯定することで、頑張っている自分を応援できるようになり、人間本来の明るさや強さが出てきます。

しかし、なかなか日常でありのままの自分を肯定することは難しいものです。詳しい方法はまた次の機会にお伝えしますが、まずは手軽に使えるエッセンスなどを取り入れてみるのもオススメです。

(セイクラルチャクラ)《マンボヤフラワーエッセンス》10ml

チャクラ・フラワーコンビネーション:
【創造力と性的能力。エネルギーとモチベーション、充足感を与える。世界を探索する意欲を支え、私たちを活発で社交的にし、人生の愛をもたらす。】

セイクラルチャクラは、恥骨とは反対の位置にある脊椎にあります。身体的レベルにおいて、セイクラルチャクラは骨盤と周辺にある全ての器官(生殖器官や膀胱など)を支え、活性化します。その他に血液や尿、リンパなどといった人体に流れる全ての分泌液に働きかけます。

スヴァディシターナ(サークラルチャクラ)ブレンド・エッセンシャルオイル《カレル・ハーデック》10ml

エーテル体の生命力の源であるセクシャルチャクラは、私たちの愛と憎しみの関係を支配します。その相対(あいたい)する力は好意と嫌悪であり、私たちの欲望を支配する感情です。このチャクラを超越するということは、あらゆることを全体の一部として捉えるために、自分が欲することとそうでないことから超然としていることを意味します。肉体的レベルにおいて、このチャクラは女性の生殖器官や乳腺、皮膚、腎臓、両副腎に影響を及ぼします。影響する分泌腺は、睾丸、卵巣、前立腺、エストロゲンやテストステロンといったホルモンです。しかしながら、ルートチャクラの強くアグレッシブな男性エネルギーとは対照的に、このセンターは共生的統一体において男性エネルギーと協力しながら、より繊細なものでもあります。

皆さんもぜひ、取り入れてみてくださいね。

 

ゆすら

ゆすら

フリーランスライター。美容分野を得意とし、スピリチュアル、アロマを愛する。自身もチャクラヒーリングを受けている傍ら、スピリチュアルやアロマについて勉強中。出来るだけ読みやすい文章を書けたらと思っています。