生理中のイライラに!ゆっくり休めるアロマテラピー

「生理中はよく眠れない・・・。」
そんな悩みはありませんか。
眠りたいのに寝つきが悪くなったり、寝てもすぐに目が覚めてしまう。
ただでさえイライラしやすい生理中、不眠になってしまうとさらに心身共に疲れてしまいます。

今回は、生理中に不眠になる原因とその対処方法、さらにアロマを使ったリフレッシュの方法をお伝えします。

どうして生理の時は不眠になるの?

091741

最初に考えられる生理中の不眠の原因は、ホルモンバランスの変化です。
生理前から生理中にかけて、女性の基礎体温は高くなります。
これは排卵後に妊娠が成立したときに、スグに赤ちゃんを暖められるように準備しているからです。
でも人は、寝る時には体温が下がっていないと眠れません。

また、
「経血が漏れるかもしれない・・・」
という不安も不眠の原因になります。

生理中でも、よく眠れるようにするには?

0914

よく眠る為には頭寒足熱が良いと言われています。
特に体温が高めの生理前、生理中は頭や顔がほてって眠れない事があります。
このような時は、アイスノンや氷枕を使用するといいでしょう。

「経血が漏れるかもしれない・・」
という不安は生理用品を工夫したり、寝具を工夫することで解決します。
寝る前のトイレ時にふんばって、経血を排泄したあとタンポンを入れておくと朝まで安心です。
タンポンが苦手な人は、大きなナイト用パットを使用しましょう。
また、腰のあたりにバスタオルを敷いておくと安心です。

アロマで生理中も快眠!

092568954

アロマテラピーを使って、生理中のほてった身体を適度に冷まして眠りましょう。
お勧めのアロマオイルはラベンダーの他、ローマンカモミールです。

ローマンカモミールはキク科の植物で、アロマオイルは青りんごに似たとても爽やかな香りです。
女性ならではの悩みにとても効果があります。
心身をリラックスさせ、ゆっくり眠ることができます。

リラックス効果が高い事で有名なラベンダーにローマンカモミール等をブレンドしたミカエルザヤットの「スリープ」で、ルームスプレーを作ってみましょう。

【材料】

ミカエルザヤット スリープ 10滴
無水エタノール 10ml
精製水    40ml

スプレーボトル50ml
紙コップ

【作り方】

  • 紙コップに無水エタノールを入れてアロマオイルを入れてよく混ぜます。
  • スプレーボトルに溶かしたアロマオイルを入れて精製水を加えます。
  • 良く振ってから2-3回スプレーして使います。

いかがでしたか。
生理は毎月やってきます。
できそうなことから、さっそく試してくださいね。

野田 長世

野田 長世

1972年生まれ Webライター・コンサルタント。看護師・アロマテラピーアドバイザー メディカルハーブコーディネーター。「アロマテラピーを始めたいけど、何からはじめていいのか解らない・・・」そんなあなたに、家庭で気軽に始められるアロマテラピー最初の一歩をご提案します。