輝く太陽の季節!夏本番「8月」のカラー

今年も暑い夏を感じる8月がやってきました。
皆さんは暑さでバテてはいませんか?

8月は太陽が燦々と輝き、陽のエネルギーに満ちた時期です。
でも、その陽のエネルギーの中にもほんの少し、陰に隠れるように陰が混じるのが8月。

太陽のパワーをふんだんに感じる暑い時期であるものの、お盆のように死者や霊魂、つまり「陰」の世界との接点を時折感じる。それが8月のエネルギーです。

そんな8月を象徴する色は、先日ご紹介したマゼンタ。
それもトーンの低い赤紫に近いマゼンタです。

c7a2c0202edc10228c012e83f75b96ae_s

赤(陽)のエネルギーに少しだけ青(陰)のエネルギーが混じっているマゼンタは、まさに8月を象徴するカラー。
7月までの軽やかなトーンと比べて、少しばかり抑えめの落ち着きあるトーンのマゼンタは、意識を外から内に、自分自身や周囲に向けるのを促す色で、自分を取り巻く家族的なコミュニティや生活に目を向けることを助けます。

8月は、遠く離れた家族との絆を感じるお盆の時期が入りますから、ぴったりだと思いませんか?

そんな8月ですが、乗り切るためにはマゼンタではなく別の色を紹介しましょう。
それは、マゼンタの補色であるライトグリーン(黄緑色)です。

補色は色を表す色相環でちょうど反対の位置にいる色。
例えば、赤に対する緑だったり、紫に対する黄色だったりというように、まったく反対の性質を持つ色です。
この補色。正反対の色であるが故に、一緒に使うとお互いの色を引き立てたり、絶妙な感覚でバランスを取ったりすることができます。

ここ数年、8月はとにかく暑く、マゼンタのエネルギーがどんどん強くなっている気がします。
そんな時は、補色であるライトグリーンを取り入れて、体内エネルギーのバランスを取りませんか?

image

食べ物で例えるなら、アボガドやオリーブオイル。
ハーブで言うなら、ミントやパクチー、レモングラスなど。

暑い夏を乗り切る手助けをしてくれますよ。

もちろん、フラワーエッセンス等で乗り切るのもおすすめです!
今回のおすすめはこちらの3つ。今回は夏を乗り切るドリンクとしてハーブティーも入れてみました。
単体で飲むもよし、紅茶や他のハーブとブレンドするもよしですよ♪

シーグリーン(光と闇のバランスをとる) 《フローラコロナ》15ml

シーグリーンは、川の流れのように心を洗い流してくれ、調和させ、浄化します。進むべき道が明らかになり、そこへ向かうためのエネルギーに満たされるでしょう。ストレスが溜まった心身をデトックスして、自分らしさを取り戻しましょう。ストレスがあると、なんだか運も悪くなり、自分らしさに欠け、ネガティブ思考になりがちです。やる気も失せてしまいます。そんなときは、まず心をきれいにしていきましょう。

こんなあなたにおすすめです!
・精神的に大きな負担を抱いている
・物事や将来をネガティブに考えてしまう
・最近、停滞していると感じる
・やる気が出ない
・心のデトックスに

スペアミント《ミカエル・ザヤット》5ml

スペアミントは、甘いミントの香りです。頭が疲れている時におすすめです。

こんなあなたにおすすめです!
・頭が疲れている時

スペアミント ハーブティー《ブリスティア》50g3セット

消化を助けてくれる作用があると言われる、さわやかな香りのハーブとして有名です。ミントというと、スペアミントを使用するのが一般的で、メンソールが主成分のペパーミントに比べ、ペパーミントより穏やかで甘味のある清涼感が楽しめるハーブで、お茶としてポピュラーです。神経系を刺激するリフレッシュ作用があり、気分転換や集中力を高めたい時におすすめです。また神経系を介して、消化器系に働きかけます。
Rieko

Rieko

日常生活に心の彩りを。色と数字、心の世界に惹かれて十数年。「日常の中に取り入れる自然な癒し」をテーマに毎日を送っています。私たちの世界にあふれる色彩。その色の話を中心に、数字や心、ハーブ、フラワーエッセンスの話を綴っていきます。