病気なのに平気なふりをするペット。その訳と対処方法

おはようございます、HALです。

今日も、朝5時に愛猫に起こされて、健康的な目覚めとなりました。
皆様のペットの目覚めは何時頃でしょうか?

腹時計とはよく言ったものですが、動物は時計もないのに、
ちゃんと決まった時刻に、ルーチンの行動をすることができますよね。

特に、餌を要求するときの、時間の正確なこと!
私としては、朝のフードはせめて7時頃にして欲しいなと思う
今日この頃です(笑)

ところで、こうした野生のカンとも言うべきものですが、
実は人間にも備わっていることはご存じですか?

『朝、目覚ましをかけた時には、だいたいその時刻の5分前には
起きてしまう・・・』

というのもその一例で、目覚ましの不快な音を聞きたくない
という気持ちが、そうさせるのだそうです。

また、『視線を感じるので振り向いたら、じっと私をみている人がいた』

というのもありますよね。ちょっと例が怖かったでしょうか?(笑)

後者の例のようなカンは、危機を察知する能力の
ひとつであると言われています。

自分の命を守るために、動物に備わっている感覚なのです。

こうした身を守るための感覚の中には、行動となって表れるものもあります。

それが、『弱いところを見せない』という行動です。

pexels-photo-171227-medium

特に、野生の世界は弱肉強食のため、弱さを見せることは生命の危機に直結します。
そのため、病気だったり、例え怪我をしていたりしても、決して弱った姿を
晒す訳にはいかないのです。

なので、特に動物の場合、

・ケガをしても平気な顔をしているので、気付くのに遅れた!
・具合いが悪そうなので病院に連れて行ったら、重症だった!

・・・というようなことが起こるのです。

動物は、決してケガで痛みを感じない訳でも、病気で辛くない訳でもなく、
弱いところを見せることは、更なる生命の危機に晒されることになるために、
我慢しているだけなのです。

pexels-photo-179107-large

『ペットは、飼い主と信頼関係があるはず。なのになぜ、弱いところを見せてくれないのだろう』

と思ってしまいたくもありますが、習性のようなものなので仕方ありません。

対処法としては、日頃からスキンシップを含めたコミュニケーションをとり、
微妙な体温の変化や体重の増減、皮膚や口・鼻・耳・目・爪などの状態の変化、
呼吸や心拍数の変化などから、飼い主が気付いてあげることが一番ですね。

また、定期的な健康診断もおすすめです。

でも、できれば我慢しないで欲しい。
私には、心を開いて欲しい・・・。

そう考えるのが飼い主ではないでしょうか?

そこで今回は「アグリモニー」をご紹介したいと思います。

アグリモニー(ペット用)《バッチフラワーレメディ》10ml

人なつっこく、陽気で明るく、ひょうきんだけど、苦しんでいるときもそれを見せないペットに。アグリモニーは、心配事に気づかぬふりをして、不安な心を隠し、人前ではうまくいっているように見せてしまう時、隠している心配事にまっすぐ向き合わせてくれるフラワーエッセンスです。悩みを正面から受けとめられるようになることで、等身大の自分に気づき、本心を表に出せるようになります。つらい出来事も自分の成長の糧にできるような強さが生まれ、物事を楽観的に考えられるようになり、表面的ではなく心からの喜びに満たされます。

アグリモニー」は、本心を見せることができるようになるエッセンスです。

それだけでなく、等身大の自分に気付くことができるようになるため、
心の負担が和らぐ効果もあるのです。

与え方としては、一回につき2滴ほどを飲ませたり、フードに混ぜて与えてもOKですし、
スキンシップの一環で、手につけてマッサージをしてあげても効果がありますよ。

フラワーエッセンスを活用することで、ペットとの距離をさらに縮めて、
楽しいペットライフをお過ごしくださいね。

それでは、次週もまた火曜日にお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。