【健康】スッキリしない秋の体調不良におすすめのフラワーエッセンス

秋は意外と体調不良になりがち。
気温の差がある10月は季節の変わり目で自律神経が乱れたり、秋の花粉症などで困ってしまう人も。
そんな方におすすめのフラワーエッセンスご紹介します。

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_s

春や秋は体調がすぐれない場合、気象病が考えられます。
これは気圧の変化によるものが大きいそうです。

晴れの日は、高気圧で空気中にたくさんの酸素があります。
高気圧の日は、交感神経優位の状態になりやすいため
晴れの日晴れは身体が軽く心も軽やかですが、
天気の悪い曇りや雨の日曇り雨はなんだかやる気が起きず、だるくなります。
雨の日は、低気圧で空気中の酸素は少なくなり、血管が拡張します。
そして副交感神経優位になりやすくなります。

気圧の影響を受けやすい人ほど体調が崩れやすく
規則正しい生活で自律神経のケアをすることが大切です。

ライトゥンアップは、日照条件の悪さから体調不良が生じている際におすすめです。

ライトゥンアップ

心身ともに明るい光を照らしてくれるエッセンス

寒暖の差が激しくて、体調を崩しやすい場合、寒暖差アレルギーが考えられます。
温度に合わせて身体を調節している自律神経が乱れやすいので注意が必要です。

自律神経が対応できる温度差は、7℃だといいます。
それ以上の温度差になると身体は、自分では上手に適応できなくなってしまうのです。
温度に合わせて身体を調節している自律神経の乱れが原因で
寒暖差アレルギーになりやすいため、極端な温度変化を身体に与えないことが大切です。

オリーブ(元気・活力)で体調をコントロールできるよう自分の持つエネルギーを効率よく使うことができるようにフォローしましょう。

オリーブ(元気・活力)

身体の消耗を早めに察知して、体調をコントロールできるようにするなど、自分の持つエネルギーを効率よく使うことができるようにしてくれます。

またブタクサなど秋の花粉症で何となくボーッとしている際にはワイルドローズ(情熱)で元気を取り戻しましょう。

ワイルドローズ(情熱)

無気力になっている日常に活力を与え、人生に対する興味や情熱を取り戻す手助けをします。

 

実は、秋が1年のうちで一番、自律神経のバランスを取りやすい季節。
自律神経のバランスが崩れると、疲れ、眠れない、頭痛、倦怠感など体調を崩してしまいます。自律神経のバランスを整えるためには、睡眠と栄養を十分とり、規則正しく過ごすことが大切です。
フラワーエッセンスとともに意識して過ごしてみて下さいね。

Tamami

Tamami

子育て世代の女性のお悩みを多数カウンセリングしています。 思春期や障害のお子さんについてや死別の悲しみを抱えている方、親との関係にお悩みの方など、友達に相談するようなカウンセリングを心がけています。フラワーエッセンスだけでなく、アロマを用いた癒しが得意。