ペットと一緒に寝るのはアリ?無し?問題行動との関係性と解決方法

おはようございます、HALです。

朝晩、冷え込むようになってきましたね。
もう秋を通り越して、冬に入ってしまったのかと思うほどで、
日本の四季も変わってきたなと感じている今日この頃です。

こうした時期になると、愛猫の存在が重要になってきます。

そうです。一緒に寝ることで、湯たんぽがわりにするのです。
・・・というのは冗談・・・半分?ですが(笑)、ペットと一緒に
寝ているというご家庭は、どの程度あるのでしょうか?

pexels-photo-62640-medium

これについては、肯定派と否定派がいて、未だに論争が
続いています。

私は、リスクを心得た上であれば、添い寝もOKという、
どちらかといえば肯定派なのですが、否定派の意見にも
もっともなことが多くあります。

そのひとつが、衛生面です。

シーツなどの交換の頻度をあげないと、ダニの温床になってしまうことも
ありえますし、「人獣共通感染症」とされるペットと人間が共通に罹る疾患に、
お互いに罹ってしまう危険性もあります。

皮膚が弱い人だと、アレルギーを引き起こすきっかけになる可能性もあります。

また、精神面でも問題になることがあります。

それが、睡眠障害です。ペットと一緒に寝ていると、寝返りなどを打つタイミングで
ペットを下敷きにして、ケガを負わせてしまう可能性があります。
それを心配するあまりに、本人も気がつかない内に睡眠障害になってしまうことが
あるのです。

そして、特にワンちゃんの場合に気をつけなければいけないのが、
しつけ問題です。

まだしつけが十分になされていないうちから、飼い主と一緒に寝るという習慣のある犬に、
“問題行動が多い”というリサーチ結果が出ています。

先天性の疾患のある犬を除いて、犬には『主従関係』を一番に考える性質があるのですが、
一緒に寝ることで犬は、飼い主のことを「同等な関係」または「それ以下」と判断してしまい、
この主従関係をしっかり認識することができなくなってしまうのです。

pexels-photo-129634-large

そのことから、犬とは一緒に寝てはいけないとする書物などもあるのですが、
これは“主従関係をきちんと把握した、しつけ済のワンちゃんとなら可能”とする
意見も、最近は多くなっています。

では、すでに問題行動を起こしているワンちゃんと一緒に寝ている場合は、
どうしたら良いのでしょうか?

この場合は、主従関係をきちんとわかってもらうためのしつけを、もう一度しっかり
することが大切となります。

幼い頃のしつけよりも、根気のいる作業になりますが、
主従関係がきちんとしていることは、犬自身にとっても安心できる環境が作られる
ことになりますので、遠慮は禁物です。

なんだかかわいそう・・・と、しつけを疎かにすることは、結局はペットに負担を
強いることにつながってしまうからです。

しつけの方法には、しかる・ご褒美(褒める・おやつをあげる等)などいろいろな方法があります。
できれば、褒めるしつけを推奨したいところですが、ペットの性格もあることですし、
不安があれば、一度ドッグトレーナーさんに相談してみてもよいですね。

けれど、どんなしつけでもペットの立場になって考えれば、楽しいものであるはずはありません。
特に、一度しつけに失敗したペットをしつけ直す時には、ペットも
「なんで、今までOKだったことがダメなんだ?」と、イライラを募らせることがあるでしょう。

そこで、イライラを見せるペットには、早いうちに
「インパチエンス」を与えて、精神面での安定を図ってあげて欲しいと思います。

インパチエンス(ペット用)《バッチフラワーレメディ》10ml

せっかちになっていて、早く早くと周りをせかしたり、イライラしているようなペットに。散歩が待ちきれず走り出したり、落ち着きが無く突進してゆくような状態の時に、焦りを鎮めて、忍耐と寛容さを取り戻してくれるフラワーエッセンスです。穏やかでゆったりした気持ちで行動できるようになるでしょう。インパチエンスは、強いショックやストレスから立ち直るための「レスキューレメディ」にも配合されている人気成分のひとつです。

このフラワーエッセンスのキーワードは「忍耐」と「寛容」です。
しつけは飼い主にも同じことが求められますが、ペットがこの気持ちを
持ってくれると、飼い主もしつけがだいぶ楽になるはずです。

一日も早く、ペットとの関係を修復して、問題行動から開放された
楽しい日々をペットと共に過ごして頂けたらと思います。
フラワーエッセンスを味方に付けて、頑張っていきましょうね♪

それでは、次週もまた火曜日にお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。