完璧主義な私…時にはできなくてもいい どんな自分も受け入れる方法

こんにちは、シイナエマです。

仕事、家事、子育て…あっという間に一日が終わってしまう忙しさの中、責任感が強い人ほど全てを完璧にこなしたくなります。

しかしそのような人は、ちょっとした失敗でも、「私ってダメな人間だな…」なんて思ってしまう傾向があります。誰でも失敗はするのに、完璧にしないと気が済まない人は、些細な失敗ですら、過剰に自分を責めてしまうのです。

もちろん完璧主義であることには、丁寧に仕事をこなす、細かいところに気がつくといった良い点もあるでしょう。しかし完璧を求めるあまり、イライラしたり、自分に満足ができなかったり、マイナス面が多くあるのも事実。

完璧主義な人なら、時にはわざと手抜きをすることも大切です。仕事には手を抜けなくても、家事なら手を抜けるポイントが存在します。

いつも手作りで完璧に料理をする人ならば、疲れた日にはデリバリーを頼んだり、惣菜を買ってきたり、自分を甘やかすのです。そのことをマイナスに考えてはいけません。「時にはできなくてもいい」「おかげで自分の時間が増えた」なんて気軽に考えるのです。

そうしていくと、何か思い通りにできなかた時にも「たまには仕方がない」「次頑張ればいいんだ」とプラスに考えられるようになるでしょう。少しずつ、完璧ではない自分を許していきたいですね。

そしてフラワーエッセンスも、どんな自分も受け入れるためにおすすめです。中でも「フロライト(内なる才能を解き放つ)《インディゴエッセンス》」は、いつも完璧を求めてしまう方にピッタリです。

フロライト(内なる才能を解き放つ)《インディゴエッセンス》15ml

フローライト(Fluorite)は日本語では「蛍石(ほたるいし)」といわれ、紫外線を浴びると蛍光色に光る性質を持っています。 水に溶けるため、江戸時代には落ち着かせたり、咳止めの効果がある薬として、処方されていました。 情報処理にたけ、理系の勉強がはかどる効果があるともいわれています。

完璧を求めるがゆえ、他人にも厳しくなっていませんか?「フロライト(内なる才能を解き放つ)《インディゴエッセンス》」は、完璧主義を手放すサポートをしてくれます。どんな自分も受け入れられた時、きっと自分にも他人にも優しくなれるでしょう。

シイナエマ

シイナエマ

フリーランスライター。女性の美容や恋愛、仕事に関する記事を中心に執筆中。
スピリチュアルセラピスト検定試験に合格。女性がより輝けるためのお手伝いができれば嬉しいです。