衝撃!“犬嫌い”は犬の飼い主が作っていると言われる訳

おはようございます、HALです。

だいぶ、寒くなってきましたね。

最近は、すっかり湯たんぽ代わりになっている愛猫と
ベッドを共にしているのですが、朝起きると他の家族の所に
行ってしまっていることがあり、残念な気持ちになることも多くなりました。

これがワンちゃんだったら、きっと主人につきっきりで
いてくれるんだろうなと、ちょっぴり室内犬を飼っている方を
羨ましく思うことも・・・(笑)

そんな動物大好きな私には、なぜ、動物を疎んじたり毛嫌いしたりする人が
いるのか、昔はあまり考えたことがありませんでした。

けれど、ペットに関連する仕事をするようになって、
そうした方々のことを知ることも、大切なことと思うようになりました。

そこで今回は、地域の方々と良好な関係を保ちながら、
ペットの環境を良くしていくために大切な、犬嫌いの方の気持ちを
理解するためのお話しをしたいと思います。

pexels-photo-193035-large

「犬嫌いの原因」

これは、次のことが多く聞かれます。

1. 吠えるのでうるさい
2. 噛まれそうで怖い
3. 排泄物などが臭い
4. よだれが汚い
5. 飼い主のマナーが悪い

この5つが、犬嫌いの方が多く口にすることなのですが、
よく考えてみると、そのどれもが犬と接触した経験があるからこその
原因ですよね。

そうなのです。
犬嫌いになっているほとんどの人は、犬と接触する機会があり、
そこでなんらかの嫌な思いをしている人が多いのです。

私も歴代でいえば、チワワからシベリアンハスキー、ドーベルマンと、
小型犬から大型犬まで飼ってきています。

特に後者2種は、強面なため、普通にお散歩しているだけでも
恐がられているなと感じることがありました。

なので、なるべく人通りの少ない時間帯にお散歩をして、
散歩中も他の歩行者とすれ違いそうな場合は、自分を間に
いれるようにする、近所の人には怖くないことを理解して
もらうために、明るく挨拶しながら歩く・・・などを実践してきました。

それでも、必要以上に避けて歩かれたりすることもありましたので、
言うは易く行うは難しですね。

そして、もうひとつ。
ワンちゃんの排泄なのですが、特におしっこは
民家の塀などにしないことはもちろんですが、民家に隣接している
電柱などにもしないように、コントロールして歩きました。

実は実家の横に立っていた電柱に、毎日おしっこをする犬がいて、
夏などは特に異臭がしてくるため、水を流しての掃除が大変だった
記憶があるのです。

もちろん、野犬など今はいませんので、飼い主が同行している訳です。

また、こんなこともありました。
まだ若い頃の話ですが、通勤のために駅に向かってあるいていると、
ポメラニアンが、こちらに向かってやってきました。
ノーリードです。

そのポメちゃんは人懐こい性格だったようで、避けて歩こうとした私に
かまって攻撃をしてきました。ようは、だっこして!という感じで
足もとにすがりついてきた訳です。

その日、黒系のパンツスーツを着ていた私に、白い毛がまとわりつきます。
飼い主は知ってか知らずか、笑いながら、
「好かれちゃったのね~。ごめんなさいね」といいつつ、ポメラニアンを
抱っこして去って行きました。

会社についてから、ガムテープで毛を取っていると、なにやら一部
こびりついている・・・。よだれが乾いたものでした。

犬好きなので、ワンちゃんはかわいいと思いましたし、時間があれば
構ってあげたかった気持ちもあるのですが、今から考えると、犬嫌いに
なる立派な原因になるなと思った次第です。

pexels-photo-68798-large

色々見聞きしていると、犬嫌いも大きく二つに分かれるようで、
一つは飼い主のマナーが悪いために犬そのものが嫌いになる例と、
犬に追っかけられたり、噛まれたりという怖い経験をして嫌いになる例が
ありました。

そのどれもが、やはり飼い主がいる以上、防げたことも多いのでは
ないかと思われます。
(後者の場合、中にはワンちゃんが嫌に思うことを仕掛けた結果・・・という
例もありますので、全て飼い主やワンちゃんが悪いという訳ではありません)

とはいえ、マナーを守っていない人は一部だと思いますし、
ワンちゃんも生き物だからこそ、コントロールの効かないことも
出てくるのは自然なことです。

全ての方々に満足してもらうというのは、とても難しいことだと思うのです。

であれば、飼い主ができることは、
動物嫌いの人もいるということを理解して、

・親しい人以外には自分のペットをなるべく近づけない。
・しつけをして、主従関係を保つ。
・問題行動があれば、原因を特定して対策する。

ということを実践するしかないと思いました。

また、吠え癖や噛みぐせのあるワンちゃんには、獣医さんに相談したり、
フラワーレメディを活用したりすることで、少しでも早く対策を取ることが
飼い主のできることなのではないかと思いました。

以前のブログに吠える噛むなどの対策を書いたものがありますので、
悩んでいらっしゃる飼い主さんはぜひ、読んでみてくださいね。

◎吠える・噛む!ペットが攻撃的な行動に走る原因と対策
http://remedia.jp/4899

上記でも紹介していますが、攻撃的になってしまうワンちゃんには、
「木(Wood)《パシフィックエッセンス》」がおすすめです。

木(Wood)《パシフィックエッセンス》30ml

攻撃的で刺々しさがあり、大きな声で吠え、噛みつくペットの癒しと鎮静のスプレーです。動物のフラストレーションが溜まっている時には攻撃的な行動を取り、怒りや過去の恨みから刺々しい態度になり、吠えたり、噛みついたりと問題行動を起こします。心を平和へと導き、動物の内なる潜在能力を発揮できるように、そして満足感や目標に向かう意欲、決断力を持ち、友好的な活動へと導きます。トレーニングなど創造的な表現が必要な時にもおすすめです。肝経と胆経を強化し、浄化します。肝経と胆経に関係し、肝経、胆経、小腸経、腎経、膀胱経に働きかけます。

ペットの魅力を分かって貰えないことは、悲しいことですよね。

なので、動物嫌いの方が少しでも減るように、
飼い主の私たちができることを、実践していきたいものですね。

それでは、次週もまた火曜日にお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。