アロマ豆知識5 アロマを使う時の注意点

みなさん こんにちは
AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザの 花山 さくらです。

11月も中盤に差し掛かり、寒くなってきましたよね。
みなさんは、アロマを活用されていますか?
冬の寒さには、ジンジャーなどの体を温めるアロマオイルがオススメです。
 
とはいえ、いつもご紹介しているアロマですが、
実は、使うに当たって注意点がいくつかあります。

今日は、そんな精油の禁忌条件について、ご紹介しますね。

5b322eaf51650a7c4da8d24ed13581e1

〇精油の取り扱いについて
 
精油に関して、注意してほしいのが、

・飲まない
・点眼しない
・原液を肌につけない

という三原則です。
天然成分で出来ているとはいえ、植物由来の成分が凝縮されている精油は、
人体にとっては、刺激物です。

海外では、精油を飲む療法もあるようですが、
日本では推奨されていません。

もちろん、点眼することも、刺激が強く、
目に炎症が起こる可能性があるため、しないでくださいね。

また、マッサージでは、精油を肌につけることがありますが、
これはあくまで、ホホバオイルなどのキャリアオイルを使った場合です。
キャリアオイルを用いることで、精油を希釈し、
それによって刺激性を緩和しているのです。
原液を直接肌につけると、赤みが出たり、かゆみやかぶれが出る可能性もあります。
注意して、用いてくださいね。

〇精油の利用を避けた方が良い方

精油を使う対象についても、注意する必要があります。

・体調不良の方
・飲酒をしている方
・妊娠中の方
・授乳中の方
・小さなお子様

以上は、代表的な例なのですが、
風邪など、体調不良を感じている時に、アロマテラピーをすると、
急激な体調の変化を催すことがあります。

また、飲酒をしている方は、アルコールの影響により、
血行が良くなっています。
そこにアロマテラピーを取り入れると、
精油の効果が過度になる可能性があります。
不測の事態を避けるためにも、
飲酒中の精油の利用は避けましょう。

次に、妊娠中の方、とくに、安定期に入る前の方は、
精油の利用を避けてください。
妊娠中というのは、ホルモンバランスが崩れており、
精油を利用することで、急激に体調が悪化することがあり得ます。
また、流産につながる恐れもあるため、注意してくださいね。

特に、ジャスミンには子宮収縮作用がありますので、利用は絶対に控えてください。
また、ローズやゼラニウムは、女性ホルモンに働きかける性質を持っています。
こちらも、使用を控えましょう。

さらに、授乳中の方の精油の利用も、なるべくなら避けてください。
というのも、お母さんのお乳は、血液から出来ています。
アロマテラピーをした時に、精油の成分が体に浸透していきます。
その結果、精油の成分がお乳を通して赤ちゃんに伝わる可能性があります。
生まれてすぐの赤ちゃんは、免疫力も強くなく、
刺激に対して繊細です。
そのため、授乳により精油の成分が伝わる可能性があります。

最後に、小さなお子様も、精油の利用を控えてください。
小さな子供にとって、精油の刺激が強すぎる可能性があります。
使うとするなら、5歳以上を目安に。
大人が用いる場合よりも、より希釈するようにしてくださいね。

さてさて、早くもインフルエンザが流行していますが、みなさんは大丈夫でしょうか?
私は、先日、マイコプラズマに感染してしまいました。
続く空咳は、苦しいもの。
そこで、活躍してくれたのが、ティートゥリーと、ユーカリです。
こちらは、感染症予防の鉄板アロマです。
特に、ユーカリは、咳が辛い時におすすめのアロマです。
ルームスプレーに使ったり、芳香欲で、鼻から吸い込むようにすると、
呼吸が楽になりますよ。
是非、活用してくださいね!

ユーカリ 《カレル・ハーデック》 10ml

オーストラリアに棲息する、可愛らしい有袋動物コアラの主食であるユーカリから作られるアロマオイルです。抗菌作用があり、気分を落ち着かせます。風邪やインフルエンザ、花粉症などのアレルギー性鼻炎の症状緩和に大変効果的です。また、筋肉や筋を柔らかくし、痛みを和らげる効果もあります。マッサージオイルや入浴剤として利用するのがお勧めです。風邪の時はアロマランプで拡散させると、辛い症状が楽になります。
花山さくら

花山さくら

今話題の美容やコスメ情報、恋愛などを専門とするフリーライター。アロマテラピーアドバイザーやメディカルハーブセラピストなどの資格を活かして、専門的な知識のもと、繊細な女性に癒しを提供していきます。