ペットのほとんどはトラウマを抱えているって本当?

おはようございます、HALです。

今回は、ペットのトラウマに関するお話しをしたいと思います。

実は先日、獣医さんにインタビューする機会があり、
色々なお話を聞いて来ました。

そこで衝撃的だったのが、その“トラウマ”です。

トラウマというと、虐待をされたり大きなケガをしたり、
何かとてつもなく嫌やことを経験したりといった場合になるもの、
という認識があります。

そのことから、保護されたペットにトラウマを抱えている子が
多いのは周知の通りです。

けれど、実際にはペットショップで売られている子たちも
トラウマを抱えていることが多いというのです。

pexels-photo-169524

大きくは2つの原因があります。
1点は、幼少期に母親や兄弟から離されてしまうこと、もう1点は
ペットショップに長くいる子に起こりうる、強いストレスによるものです。

前者は、ペットが生きていく上での行動を親や兄弟と過ごすことで学ぶ
「社会化」経験が出来ていないことから、また、後者はプライベートのない
ガラスケースなどに陳列され、騒がしい環境の中に置かれることから、
進展してしまいます。

現在、日本でペットを入手する方法は、

・野良猫などを保護して飼い始める
・ペットショップで購入する
・ブリーダーから直接購入する
・飼われているペットが出産して譲り受ける

以上がほとんどです。

その中でも、トラウマを抱えずに済むことが比較的多いのは、
良識のあるブリーダーからの直接購入か、出産ののち社会化できてから
譲り受ける場合でしょう。

しかし、これらは全体のペットの割合から考えると少ないため、
ほとんどのペットはトラウマを抱えている“可能性”があるのです。

kitten-cat-fluffy-cat-cute-62321

では、トラウマを抱えていることはどのような行動でわかるのでしょうか?

・お留守番ができない、飼い主から離れられない(分離不安)
・特定の音に反応し、怯えたり攻撃的になったり、痙攣を起こしたりする(恐怖症)
・ある箇所を撫でる触るなどの、特定の接触行動を過度に嫌がる
・他人が来ると逃げる、怯える

また、そこまで深刻でなくても、例えば猫なら
前足をやわらかい毛布などに押し当て交互に踏む、通称“ふみふみ”と呼ばれる、
本来は母親の乳からミルクを飲む時に取る行動を、大人になってもずっと
続けるのも、幼少期に母親から離されたトラウマによるものと推測されています。

こうしたトラウマは、飼い主の愛情で少しずつ解消していくしかないのですが、
少しでも早く、辛い思い出は無くしてあげたいですよね。

そこで、フラワーエッセンスが大切な役割を担ってくれます。
トラウマを抱えていると思われる子には「スターオブベツレヘム」が有効です。

スターオブベツレヘム(ペット用)《バッチフラワーレメディ》10ml

過去に辛い経験をして忘れられなかったり、事故や虐待で心におってしまった強いショックやトラウマに。また現在の緊急的な辛い出来事にも使用できます。心の傷になっている体験の精神的なストレスを緩和し、感情のバランスを取り戻してくれます。内面が癒されることでトラウマの原因となった過去でさえ受け入れられる強さが生まれ、心の立ち直りを早めます。スターオブベツレヘムは、緊急事態用のフラワーエッセンス「レスキューレメディ」にも配合されている人気成分の一つです。

もちろん個々の性格にもよりますし、すべての子がトラウマを抱える訳ではありませんが、
それに近いものを抱えている場合もありますので、少しでもあれ?と思ったら、
与えることで、穏やかな気持ちを取り戻してあげてくださいね。

それでは、次週もまた火曜日にお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。