アロマの力でウイルスをブロック!風邪を予防するアロマオイルとは

みなさん、こんにちは!
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザの 花山さくらです。

12aru-kaze

ついに冬本番!
風邪が流行っているのはもちろんのこと、
インフルエンザも、全国的に猛威を振るい始めていますね。

かくいう私も先日、風邪をこじらせてしまいました。
その結果、なんと肺炎に!
2週間の安静を余儀なくされました。
そんな時にも活用していたのは、もちろん、アロマオイルです。

風邪の時って、鼻が詰まって息苦しかったり、
はたまた、咳が止まらなくて、大変ですよね。
そこで活躍するのが、風邪に効果が期待できるアロマオイルです。

〇風邪やインフルエンザの菌を予防するアロマオイル
風邪対策のために、何よりも最優先に用意したいアロマオイル、
それが、ユーカリです。

ユーカリといえば、コアラが食べている葉っぱでおなじみですよね。
このユーカリ、実は、殺菌、抗菌作用が強く、
風邪のウイルス対策にもかなり効果を発揮してくれます。

また、ウイルスや抗菌対策だけでなく、
実際に風邪をひいてしまったときに、
鼻づまりの通りをよくしたり、
呼吸を楽にする働きもあります。
 

ユーカリ 《カレル・ハーデック》 10ml

オーストラリアに棲息する、可愛らしい有袋動物コアラの主食であるユーカリから作られるアロマオイルです。抗菌作用があり、気分を落ち着かせます。風邪やインフルエンザ、花粉症などのアレルギー性鼻炎の症状緩和に大変効果的です。また、筋肉や筋を柔らかくし、痛みを和らげる効果もあります。マッサージオイルや入浴剤として利用するのがお勧めです。風邪の時はアロマランプで拡散させると、辛い症状が楽になります。

〇アロマオイルの使い方
風邪のとき、一番に考えたいのが、湿度です。
冬に風邪が流行する理由は、湿度が低いから、
ウイルスが活動しやすくなるのです。
逆に言うと、湿度を高くするとウイルスの動きも鈍っていきます。
一般に、インフルエンザウイルスは、湿度60~70%ぐらいで、
その働きが弱まるといわれています。

つまり、外出先では仕方ないとしても、
自宅にいるときには湿度を高くしておくことが大切です。
 
アロマオイルの使い方も、普段なら、
ルームスプレーにしましょう♪
と、お伝えしているのですが、
この季節に限っては、別です。
 
加湿機能のあるディフューザーを使うようにしてください。
なるべくお部屋の湿度を高くすることが大切です。
 
また、鍋にお湯を沸騰させ、
そこにアロマオイルを数滴たらすのも効果的です。
少し大胆な方法ですが、
お部屋の加湿に効果的でなく、
蒸気が滞留することで、
お部屋の中にアロマの粒子が分散し、
抗ウイルス作用をもたらしてくれます。
 
風邪やインフルエンザ対策に、アロマオイルを用いることも一つの方法ですが、
基本はやはり休養です。
栄養バランスの整った食事と睡眠。
そして、プラスアルファにアロマオイルを取り入れてくださいね。

花山さくら

花山さくら

今話題の美容やコスメ情報、恋愛などを専門とするフリーライター。アロマテラピーアドバイザーやメディカルハーブセラピストなどの資格を活かして、専門的な知識のもと、繊細な女性に癒しを提供していきます。