不眠症で眠れない…そんな時の寝具やパジャマの色は何色がいい?

寒い季節。
布団が恋しくてなかなか起きられないという人も多いのではないでしょうか?

d851dc640fcedafdb1671f0ae133c710_s

でも、それとは逆に…最近は不眠症の人が増えてきているとも聞きます。
仕事や人間関係のストレスからか、神経が過敏になってなかなか寝付けない人、眠りが浅い人、短時間しか睡眠が取れない人など、睡眠に関する悩みを抱える人が意外と多いようです。

内科や心療内科などのクリニックにも不眠症で訪れる人が結構いて、最近では不眠症などの睡眠障害を専門に扱う睡眠外来もあるそうですよ。

でも、「不眠気味だけどクリニックにかかるほどではない」という人もいますよね。
そんな人は、睡眠環境を整えることから始めてみてはいかがでしょう?

例えば寝室を整理整頓したり、睡眠を誘うアロマオイルを焚いたり、寝具やパジャマを心地よいものに変えてみたりというように。

中でも、私のおすすめは寝具やパジャマを変える方法。
寝具やパジャマって、睡眠の質にかなり影響を及ぼすんですよ。
季節に合った心地のよいもの、肌触りのよいものにするのはもちろんですが、時には色にもこだわってみませんか?

と、ここまで読んで…
「安眠にいいと言われるから、青や紺のファブリックでまとめている」
という方もいるかもしれません。

8423e7c4cd4ffd28feaefd42e3ec71ce_s

でも、青や紺は寒色系の色。
以前「寒い季節にダークな色の服を着るのはなぜ?季節と色の関係」でも書きましたが、色には温度差を感じさせる力があります。
中でも寒色系は、心を落ち着かせると同時に身体を冷やす効果があると言われる色。
夏など気温が高い時期はOKですが、冬にはちょっとそぐわない色ですよね。

冬におすすめの色と言えば、やはりアースカラー。
木や土、暖炉のぬくもりを感じさせる色が特におすすめです。
地球とつながるような温かく優しい色に囲まれることが、冬の睡眠を良質なものに変えるポイントですよ。

0ffdce76bb46e54b4ce5b05dc653be07_s

そして、更なる睡眠のために一緒に使っていただきたいのが、今回おすすめするアロマオイルやエッセンス。
良質な睡眠のお供にいかがでしょう?

☆Riekoセレクト 安眠に誘うアロマオイル&エッセンス☆

スリープ《ミカエル・ザヤット》10ml

スリープは、美しい夢のための香りのブレンドです。ラベンダーやローマンカモミール、ラバンディン(ラバンジン)など、心地よい睡眠へといざなうブレンドです。

「不眠に悩む人の強い味方」と言われるのが、ミカエル・ザヤットの「スリープ」です。高ぶった神経を鎮め深い眠りに誘うために、安眠にいいと言われる精油をスペシャルブレンドしています。

ピースフルスリープ(穏やかな睡眠)《スターエッセンス》30ml

不安を取り除いて心身ともにリラックスさせ、静穏で安定した眠りを促します。それは深く美しい休息のイメージ。脳が活発に働きすぎて、いろいろと考えてしまって眠れない時や感情が高ぶって眠れない時、まるで子守唄のように心地よい眠りを誘います。

不安で神経が過敏になっている夜に。ハートや第6チャクラに効くと言われるクリスタルを複数ブレンドしたエッセンスで、第4、第6チャクラの混乱を鎮めて安眠に導きます。

レスキューナイト《バッチフラワーレメディ》10ml

レスキューナイトは、眠りにつくとき悩みごとや心配ごとが頭から離れず、なかなか寝つけなかったり、眠りが浅くて怖い夢を見てしまうとき、または海外旅行で時差ボケしているときに役立つフラワーエッセンスです。不安や神経の高ぶりを軽減し、落ち着きとリラックスをもたらします。世界で最もよく使われるレスキューレメディ(インパチエンス、クレマチス、チェリープラム、ロックローズ、スターオブベツレヘムの5つを調合した緊急用のレメディ)に、ホワイトチェストナット(静謐)をブレンドした、夜に特化したものです。枕元に常備しておき、気になることを何もかも忘れてぐっすり眠りたい夜にお使いください。

世界中にファンが多いバッチフラワーのレスキューレメディ。中でもこちらは、不眠に悩む人のために夜用に特化したレメディです。不安や緊張で眠れない夜にどうぞ。

Rieko

Rieko

日常生活に心の彩りを。色と数字、心の世界に惹かれて十数年。「日常の中に取り入れる自然な癒し」をテーマに毎日を送っています。私たちの世界にあふれる色彩。その色の話を中心に、数字や心、ハーブ、フラワーエッセンスの話を綴っていきます。