益々寒さが堪える冬!ペットのお留守番に暖房は必要?

おはようございます、HALです。

本格的に寒くなって参りましたが、皆様はどのような暖房器を
ご使用されていますでしょうか?

我が家はこたつを使用しないので、それほど寒くない時には
ホットカーペットのみ。本格的に寒くなってきたら、ファンヒーターや
ハロゲンヒーター、オイルヒーター、エアコンなどを使い分けるようにしています。

でも、心配なのが外出時。
暖房を切ると、室温は外気に近い温度にまで下がってしまいますよね。

寒さに強いと言われているペットだとしても、飼い主としては
心配になるものですが、果たしてペットに暖房は本当に必要なのでしょうか?

答えは、『イエス』です。

特に、猫ちゃんや、ダブルコートといって上毛(オーバーコート)と
下毛(アンダーコート)と言う二層構造で体を保温することのできる犬種以外の、
シングルコートの犬種は寒さに弱いことで知られています。

では、ペットが寒がっているのを知る方法は?

ペットが寒さを感じている時には、猫なら少しでも暖かい陽のあたる場所や
毛布の上などに『にゃんもないと』と呼ばれる、アンモナイトのような形に
丸まって寝ることが多いので、すぐに分かります。

pexels-photo-164446

犬の場合は、人間同様ブルブルと震える場合もありますが、
通常は部屋の隅に丸くなったり、ベッドなどの中や下に潜ったり、必要以上に
人間や他の同居動物のそばに寄ってきたり(湯たんぽがわりを探している)・・・
などといった行動をみることで分かります。

また、犬猫共通の行動としては、水を飲む回数や量が減ることもあります。
※この場合は、他の病気の可能性もあるので注意が必要です。

そのような行動が見えなくても犬や猫が冬の間、快適に過ごせる気温は
18~20度が下限と言われていますので、それよりも部屋の温度が下がるよう
でしたら、18~20度を目安に暖房設定すると良いでしょう。

また、床が冷たい場合には毛布やペット用のベッドやソファーを置く、
部屋が乾燥してしまうのを防ぐために加湿器を置く、等の工夫も同時にしてあげると良いですね。

これは、フェレットやうさぎなども一緒です。

ただ、留守番時に気がかりなのは、火災の発生とペットの火傷(やけど)などです。

ペットが倒してしまう可能性のある器具や、やけどするほど表面が熱くなる器具などは
使用せずに、床暖房やホットカーペット、オイルヒーター、エアコンなどを必要に
応じて使うことが大切になってくると思います。

pexels-photo-96428

けれど、家の中を自由に行動できるようにしている場合など、全ての部屋の
暖房をつけていくことは不経済ですよね。

なので、ペット用こたつやホットカーペット等を特定の部屋に設置したり、
一部屋のみに暖房を入れていくことが殆どだと思います。

しかし、せっかく暖房をオンにしても、そこに行ってくれないことには何にもなりません。

殆どのペットは、自身で少しでも暖かい場所を探して移動してくれるのですが、
中には自分で判断して行動できないペットちゃんもいて、せっかく用意した
暖かい場所に行かずに震えてしまうこともあるのです。

飼い主としてはこれが心配ですよね。
そこで、そうした兆候が見える場合には『セラトー』をおすすめしたいと思います。

セラトー(ペット用)《バッチフラワーレメディ》10ml

自発性がなく、飼い主の指示を待ってばかりいるペットのためのフラワーエッセンス。自分の判断や直感に自信を持てず、飼い主に指示されることでしか安心して行動できなくなっている状態の時に。セラトーは、内なる声をより鮮明にし、直感を信じて、自分の指針や考えに自信を取り戻してくれる手助けをします。素直な好奇心から創意工夫や学習意欲が生まれ、周囲に惑わされなくなります。周りに気を遣いすぎていたり、飼い主の顔色ばかりを伺っている時にも有効です。

セラトー』は、自分で物事を考えて行動できるようにサポートしてくれる
フラワーエッセンスです。

創意工夫ができるペットは、暖房のことだけでなく、
様々な危険を察知・回避することも可能になります。

また、“楽しいこと”を自ら発見することもできるようになるので、
お留守番時にもひとりで楽しく遊んでくれることでしょう。

飼い主としても、自発的にいろいろ行動しているペットをみることは、
嬉しいことですよね。

ペットも人も、暖かい環境の中でこの冬も乗り切りたいものです。

それでは、次週もまた火曜日にお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。