ママ友の悩み「私のいない間に娘に変な噂を吹き込まれました」

こんにちは。SUN&MOON 柳瀬更織です。

今回は、36歳主婦の方から、こんなご相談をいただきました。

<お悩み>小学生2年の娘がいます。娘が同級生のおうちに遊びに行っている時に、その子のママが、別のママ友の変な噂(ダブル不倫をしているのではないか)を子供たちに話したようで、娘が帰ってきて「〇〇ちゃんのママと○○ちゃんのパパが仲良くしてるって言ってたけど、どういう意味?」と聞かれました。大人の事情をなぜ子供に話したのか不思議でなりません。このことを本人に注意したいのですが、どういえばいいでしょうか。(36歳/主婦)

 

他人のプライベート、悪口、不幸…なぜか、スキャンダラスでネガティブな話題ほど広まってしまうものです。

「人の口に戸は立てられぬ」ということわざがありますが、噂話というのは、一度広まったら、もう止められません。

child-1439468_640

噂の内容が大人の事情でもあるにも関わらず、小さなお子さんの耳にまで入ったとなると、その噂話は、今後も相当広まってしまうかもしれません。

大切なお子さんの耳に、あまり好ましくない噂話が入ってきてしまったとき…まずは、噂元よりも、お子さんに適切な対応をする必要がありますね。

話の内容に対して「どういう意味?」と聞いてきたようでしたら、幸いに、お子さんは核心を理解していないので、家庭でのフォローが可能でしょう。

「〇〇ちゃんのママと○○ちゃんのパパが仲良くしてる」という話は、その言葉の通り「仲よしのお友達同士なのかもしれないね」と、ストレートに伝えることで十分だと思います。

核心部分は誤魔化していることになりますが、嘘を言っているわけではありませんから、お子さんは不信感を持たずに受け入れてくれることでしょう。

ただし、いくつかの注意点も教えていく必要があります。

 

  • 人から人に伝わった話は、嘘や作り話が混ざっている場合があること。
  • 人から聞いた話を更に別の人に伝えることは「噂話」といって、酷くなると「イジメ」に繋がる良くない行為であること。
  • 噂話を聞いたときは「ふーん」「へぇ」など、同調しない返事をして、話に興味がないように振る舞うこと。

 

今回の話題に限らず、噂話というのは、人間社会につきものです。

お子さんが、良識ある人物へと成長するためにも、噂に振り回されない、噂のネタ元にならないよう、噂の曖昧さや怖さ、対処の仕方などを教えていくことは必要だと思います。

girls-914823_640

さて…噂話をするママへの対応方法ですが、直接的に注意をするのは、あまり得策ではないでしょう。

 

まずは、お子さんが相手のお宅に出入りすることを極力避けて、あなたのお宅にお友達を呼ぶように、お子さんに声掛けをしていきましょう。

あなたの目の届く範囲で、子ども達を見守っていけるようにすることが大事です。

 

もし、噂話をするママに伝えるとするなら「共感」を求める形で、お話しをしてみて下さい。

 

例えば「子どもが最近、不倫関係の変な噂話をどこからか聞いたらしくて、説明も出来ないし、困っちゃった。不倫の話なんて、子ども達には知らせたくない内容だよね。」など。

伝えるときは、誰と誰の不倫の噂話なのか…誰がその噂を子どもの耳に入れたのか…という、噂の核心部分については「知らないフリ」をしましょう。

 

もしその時に「実は、私が子どもに伝えたんだ」と、相手から言ってきてくれるようでしたら、単純に面白いネタとして、悪意なく子どもに伝えてしまった可能性があります。

そのような場合は、ハッキリと注意をしても良いでしょう。

 

しかし、ここで、自分が噂話をした本人だと名乗り出ることなく「自分は関係ない」という様子で他人事のようにしている場合は、裏表が激しい人物の可能性があります。

「子どもに教える必要のない話題をわざわざ言った」という自覚があり、少なからず悪意があると思った方が良いでしょう。

一緒にいることで、お子さんだけではなく、あなた自身も「噂」に巻き込まれてしまいかねません。

親子共々、お付き合いの距離を置くことをオススメします。

 

注意をすることも、距離を置くことも、お子さんを「噂」の危険から守ることに繋がります。

相手の人格を見極めて対応していきましょう。

SUN&MOON 柳瀬更織

SUN&MOON 柳瀬更織

直観視・遠隔視・占い・ヒーリングをもちいて、運勢の流れ、本質、過去・現在・未来を読み解き、 個人対面セッションにて、人生を自分らしく進むために必要なメッセージとアドバイスをお伝えしています。