冬に気を付けたいペットの泌尿器系の病気は○○が原因!その対策方法とは?

おはようございます、HALです。

今年もあと4日になりましたね。
年越しの準備は進んでいらっしゃいますでしょうか?

我が家では、今年は珍しく大掃除と言われる作業は終了したので、
最近メディアでも話題になっている“ヒートショック”が起こらないように、
トイレや脱衣所などにも小さな暖房器具を設置したりと、
快適な住空間を作るためのあれこれをしている最中です。

それでも、すべての空間に温度差ができないようにすることは、
難しいのが現状です。

家の中を自由に行動できるようにしている愛猫も
寒暖差を感じつつ、生活することになってしまう訳です(涙)。

pexels-photo-113766

一般的にも、外出時には暖房を切ったり、ペットのために暖房を入れたままに
する場合にも一部屋だけだったり、普段よりも設定温度を下げて
出かけたりすることが多いという統計が出ています。

そうなりますと、寒さに弱いペットはトイレを我慢したり、
水を飲む量を控えたりして、少しでも快適な空間に留まろうとします。

これが度重なりますと、泌尿器系の病気を誘発することになってしまうのです。

泌尿器は、体液(血液)の中に溜まった老廃物を
身体の外に尿として出してくれる器官です。

これが上手く機能しなくなると、病気を発症する訳ですが、
犬猫などのペットの場合は特に尿路結石症になることが心配です。

尿路結石症は、尿管・尿道・膀胱・腎臓に結石と呼ばれる
石のような塊ができる病気で、器官を刺激するために
血尿が出たり、大きくなってくると結石が詰まってしまい
おしっこが出来なくなり、急性腎不全になる可能性もある病気なのです。

結石が出来たことのある人は分かると思いますが、
結石による痛みは尋常ではなく、その痛みをペットも感じると思うと
かわいそうでなりませんよね。

pexels-photo-139519

それを防止するためには、なによりも水分の補給が大切です。
そのため、ペット用の水入れは温かい場所に設置したり、
ペットフードをウエットにして、水分を補給できるようにするなどの
対策も必要になるでしょう。

ですがそうしていても、冬になると水分補給が減る傾向にあるのは
否めません。

そこで、予防のためにも使用して欲しいのが「フロー・フリー」です。

フロー・フリー(エネルギーの流れ)《グリーンホープファーム》14ml

我々の全てのコレクションの中で、最も効果的で、用途の広いエッセンスです。滞っているエネルギーの流れをスムーズにすることを助けます。体内の神経系、泌尿器系、消化器系、リンパ系と循環系でのエネルギーの流れを改善します。また、ネガティブな感情パターンから、よりバランスの取れた好ましい行動へと導きます。感情、精神、スピリチュアル、肉体、全てにおけるエネルギーのブロックを取り除くことに役立ちます。

このエッセンスは、滞りがちな身体の中のエネルギーの流れを
スムーズにするために、最も効果的なものです。

体液(血液)の流れはもちろん、リンパ系や循環系、神経系や心療系の
流れまでを良い方向に向けてくれますので、ペットが心身ともに
健康でいるためのアイテムとして、長く愛用できるエッセンスでもあります。

ペットの笑顔を守るためにも、エッセンスを有効活用して
この冬も乗り切ってくださいね。

それでは、次週もまた火曜日にお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。