さむ~い冬はポカポカお風呂におすすめのアロマオイル

badesalz-1620255_1920

みなさんこんにちは!AEAJ認定アロマテラピーアドバイザーの花山さくらです。
 
連日、寒い日が続いていますよね。
そんな日こそ、帰ってきたら温かいお風呂に入ってゆっくりとくつろぎたいものです。
そこで、今回は、リラックスしたい日のお風呂におすすめのアロマオイルをご紹介いたします。
 

・リラックスしたいとき
リラックスしたいときにおすすめなのは、断然ラベンダーです。
柔らかな香りのラベンダー、その主成分である酢酸リナリルがリラックス効果を促進します。
また、鎮静作用もあるので、気持ちが落ち着かないときにもときにもおすすめです。

・疲れを取りたいとき
新年があけて、仕事始めを迎え、少しずつ疲れもたまってきているのではないでしょうか。
そんな疲れを取りたいときにおすすめなのが、ジュニパーベリーです。
ジュニパーベリーは、体内にたまってしまった老廃物を体外へ排出する作用があります。
疲れがたまっているとき、体には、乳酸がたまっています。ジュニパーベリーを用いることで、老廃物である乳酸を体外へ排出し、疲れを取り除く効果が期待できます。

・冷え症を改善したいとき
冬場に悩む方が多いのが冷え症ですよね。
手や足の指先が冷たくなってしまう時におすすめなのが、ローズマリーです。
ローズマリーには血行をよくする効果があり、また、美肌効果も期待できます。美容を第一に考える方にも、ぜひお勧めです。

冬の夜は、ゆっくりと入浴することで、冷えた体を温めたいものです。
ぜひ、アロマオイルを取り入れて、より効果的な入浴をしてくださいね。

ローズマリー・エクストラ 《カレル・ハーデック》 10ml

ローズマリーはヨーロッパで古くから重宝されてきたハーブです。アロマテラピーの他、薬草としても利用されてきました。エジプトの有名なピラミッド、ファラオの墓で発見されており古くから宗教儀式に使われたことが分かっています。また14世紀ハンガリーの女王エリザベートは化粧水にローズマリーのエキスを使い、若返りを果たしてポーランドの若い王子にプロポーズされた、というストーリーも有名です。精神を紅葉させ、無気力や憂鬱状態の改善に役立ちます。集中力を高め、仕事や勉強の効率を良くします。また、美肌効果が期待できるので化粧品の材料として適しています。シャンプーやマッサージオイルに最適です。
花山さくら

花山さくら

今話題の美容やコスメ情報、恋愛などを専門とするフリーライター。アロマテラピーアドバイザーやメディカルハーブセラピストなどの資格を活かして、専門的な知識のもと、繊細な女性に癒しを提供していきます。