知らない間に溜まる「ネガティブエネルギー」を浄化する方法

今回は、溜まってしまったネガティブなエネルギーへの対処についてお話しします。

…が、その前に前提として、
「なぜネガティブなエネルギーが、知らないうちに溜まってしまっているのか」
ということについて、簡単ながら説明させていただきたいと思います。

実は人間は、元々思考がネガティブになりやすいと言われています。
これは、人類が長きに渡り、外敵や自然環境など、様々な命に関わる問題にさらされてきた
経緯があり、
警戒や心配を怠っていては、自らの命どころか子孫が途絶える可能性すらあったからです。
つまり、ネガティブ思考は、生き残るためのある種の本能でもあるのですね。

人類が自分たちの身を、外的要因から比較的安定して守れるようになったのは、
人類が誕生してからの歴史からすればごく最近のことです。
ですから、そこまでのネガティブ思考が必要なくなった現代においても、
人類の遺伝子には、物事をネガティブに捉える傾向が残っているとされています。

もちろん、申し上げたように、
ネガティブな思考があったからこそ、人類はここまで生き残ってこられたわけですから、
ネガティブが悪い、とは一概には言えません。
ただ、この思考の傾向は無意識レベルで起こっていることなので、
多くの人はそれを自覚しないまま、無意識のうちに、
今となっては不必要なまでのネガティブ思考にはまってしまっています。

smoke-69124_640

こうした理由もあって、人のいるところに出かけたり、人と関わっている間に、
知らず識らずうちに、ネガティブなエネルギーにはどうしても触れてしまうのです。
そして、エネルギーは容易くお互いに交換されてしまうので、
結果として、ネガティブなエネルギーは、多くの人が考えている以上に溜まりやすいのですね。

しかし、そのことに気付いてしまえば、対処はそう難しくありません。
ネガティブなエネルギーの浄化は、自分で「浄化します」と意図するだけでも簡単にはできてしまいますし、
ハイヤーセルフや、自分についてくれている高次の存在、天使などにお願いすれば、ほとんどの場合対応してくれます。

ご自身で行いたい場合は、以下のようなアイテムのエネルギーも活用するとより効率的で協力になるでしょう。

原石《モルダバイト》7.9g

モルダバイトの誕生は、今から約1500万年前、巨大隕石が地球に激突して形成されました。
隕石の衝突時に生じた熱が、地面や周囲の岩を溶かし、わずか1000分の1秒という短時間に
生成が行われたと考えられています。
現在のドイツに、衝突痕である“リースクレーター”と呼ばれる穴を作り、穴の直径は24kmで、
そこからチェコのモラヴィア、ボヘミア飛散されました。
深い森を思わせるその緑色のモルダバイトは、地球外エネルギーと地球のエネルギーとが融合して出来た、
まさに「宇宙が生んだ奇跡」とも言うべきエネルギーそのものなのです。

ハーモナイザー(研磨タイプ)《シュンガイト》

シュンガイトは、ゼロ磁場という大きなエネルギーの場を発生させ、質の良い波動を発し続けると言われています。内外のマイナスエネルギーを強力に吸収・浄化し、澄んだ波動を保ちます。さらに抗酸化作用にも優れており、活性酸素を除去してくれるので細胞がイキイキするという効果も期待できます。このハーモナイザーは、片方がシュンガイト、もう片方が滑石からできたステアタイトで作られており、左右の手にひとつずつ持つことで、体内でエネルギーの流れが生まれます。それにより、体内のエネルギーの循環が活発になり、エネルギーのバランスが整えられます。

また、
「溜まりやすいのは分かったけれど、それでもできる限りは防ぎたい」
という方のために、ネガティブなエネルギーを取り込みにくくする方法もあります。

ひとつには、プロテクションです。
こちらも浄化と同じく、高次の存在に頼んだり、自分で張ったりすることもできますが、
今回ご紹介したアイテムは、プロテクションの役割も果たしてくれます。

浄化もプロテクションも、すでにご自身の方法が確立されている方もいらっしゃることと思いますが、
改めてご自分にあった方法を探す気持ちで、色々と試してみるのもいいかもしれませんよ!

雨音 水螺

雨音 水螺

自身の経験から、エネルギーワークも含めスピリチュアルに興味をもち、フリーランスでライターをやる傍ら、チャネリングを中心に日々探究・精進に勤しんでいる人。日々感じたことだけでなく、受け取ったメッセージなどを自身のブログに綴っている。