乾燥肌対策に!好きなアロマが香るボディクリームの作り方

AEAJ認定アロマテラピーアドバイザーの花山さくらがお伝えする アロマの魅力。
今回は、アロマボディクリームの作り方をご紹介します。

カサカサと手や足のお肌が乾燥するこの季節、必需品ともいえるのが、ボディクリームですよね。
みなさんは、市販のボディクリームを使っているのでしょうか?
実は、アロマオイルを使えば、自分でボディクリームを作ることもできるんですよ。
美肌になるオイル、自分の好きな香りのオイルを使えば、毎日のスキンケアがとっても楽しくなります。
では、作り方をご紹介していきましょう。
 
用意するもの:
・アロマオイル
(ラベンダー、ローズ、ジャーマンカモミールなど、お肌を整える作用のあるものefe2128f3e9b4f3f1e7405508cbbd956_s
・キャリアオイル(ホホバオイルなど) 大さじ3
・みつろう 5g
・精製水もしくはローズウォーター 小さじ1

つくり方:
1.大きな鍋にお湯を沸かします。
2.手鍋に、みつろうとキャリアオイルを加え、1の大なべに付けながら湯せんします。
 このとき、ゆくりとヘラでかき混ぜて、みつろうの塊がなくなるまで溶かします。
3.精製水もしくはローズウォーターを少しずつ加えながら混ぜていきます。
4.冷めてきたら、アロマオイルを加え、瓶に入れます。
 冷めすぎると固まってしまうので、柔らかい段階で瓶に移しましょう。

今回ご紹介したボディクリームは、保存料が入っていないため、早期に使うことが大切です。
冷蔵庫に保存して、3か月以内には使い切るようにしてくださいね。

花山さくら

花山さくら

今話題の美容やコスメ情報、恋愛などを専門とするフリーライター。アロマテラピーアドバイザーやメディカルハーブセラピストなどの資格を活かして、専門的な知識のもと、繊細な女性に癒しを提供していきます。