チャクラを整え、調整することができるおすすめアイテム

「チャクラ」という言葉は、スピリチュアルに関心を持っている皆さんなら1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

チャクラは体の中にあり、常に回転していたり、動いていたりする渦のようなエネルギーです。
全てのチャクラのバランスが整っている状態にあると、肉体、精神、魂、すべてにおいて「ちょうどいい」状態になり、
逆に、バランスが崩れた状態が続くと、バランスを崩したチャクラに対応する体の部位や精神的な部分に影響が出てしまうこともあります。

とはいえ…
チャクラは意識的に整えてあげることが可能です。
今回は、その方法についてご紹介しますね。

その前に、脊髄に沿って存在するという7つのチャクラについて、簡単ながら説明させていただきます。

・第1チャクラ(ムーラダーラ・ベースチャクラ)
会陰(えいん)と呼ばれる、性器と肛門の間にあるチャクラ。
生命力や本能、物質世界における行動などと関わり、体を支える骨(骨格)と対応します。

・第2チャクラ(スヴァディシュターナ・セイクラルチャクラ)
丹田(おへそから拳ひとつ分くらい下の部分)にあるチャクラ。
セクシャリティや情緒のバランス、創造性と関係し、体の部位も性器や泌尿器と関わりがあります。

・第3チャクラ(マニプラ・ソーラープレクサスチャクラ)
みぞおちにあるチャクラ。
個性、自分らしさや、そこから発する自信、好奇心や理性など関係します。対応する体の部位は消化器系です。

・第4チャクラ(アナハタ・ハートチャクラ)
広い意味での「愛」や「ハート」、さらにはそこからくる受容や、感情と関わりのあるチャクラ。
ちょうど心臓の近くにあり、対応する体の部位も心臓や胸(呼吸器)です。

・第5チャクラ(ヴィシュッダ・スロートチャクラ)
のどにあるチャクラであり、対応する体の部位ものどのチャクラ。
のどは言葉を発する場所であることから、自己表現やコミュニケーションと関わりがあります。

・第6チャクラ(アージュナー・ブラウチャクラ)
額、眉間の辺りにあるチャクラ。
サードアイがある部分とも重なるからか、洞察力や直感など、いわゆる「第六感」と関わりがあります。
また、顔の各部位、神経系と対応します。

・第7チャクラ(サハスラーラ・クラウンチャクラ)
頭頂にあるチャクラで、霊性と結びつきます。
物理次元や二元的な領域を超えた調和、つながり、「ワンネス」といった概念との関わりが強いです。
皮膚や大脳皮質と対応しています。

以上を踏まえた上で、チャクラを整えるようにするとより効果的ですよ!

さて、チャクラの調整方法といっても、実際には複数存在しますが…
ここでは、リヒトウェーゼンのエロヒムの光のエネルギーが込められた、ボディークリスタルを使ってみることにしましょう。

エロヒムの光 ボディークリスタル 全色スターターセット 《リヒトウェーゼン》

エロヒムの光のボディクリスタルは、直径4.8mmの小さな粒タイプのクリスタルです。エロヒムボディークリスタル、12色x2粒、合計24粒。エロヒムボディクリスタルを肌に貼る際に使用するシール20枚付き。チャクラや経絡のツボ、または問題のある箇所に直接貼り付けて使います。
ボディクリスタルを貼り付ける前に、身体の脂分を取る必要があります。この際、アルコールを使っても良いのですが、リヒトウェーゼンのエッセンスを使うと、相乗効果によりエロヒムの効果をより高めることができます。リヒトウェーゼンのエッセンスは「ホワット・ヘルプ?」カードを使って自分に合ったエッセンスを選ぶことも可能ですが、通常はセラピス・ベイ、ビクトリー、ラファエル、元素のバランス(エレメントバランス)、リラックスのエネルギーなどをお勧めしています。

こちらのボディークリスタルを、先ほど紹介したチャクラがある位置に、直接貼り付けて使います。

ただし、ここで重要なことがひとつ。
チャクラの位置や性質は、人によって違うことがあります。
ですので、すぐにチャクラのある位置に貼り付けるのではなく、まずはその付近に近付けて、自分にしっくりくる位置を探すことをおすすめします。
色も、基本的には各チャクラに対応した色を選ぶといいですが、
例えば、第4チャクラは緑のほかにピンク、第7チャクラは紫のほかに白・金…
など、複数の色が対応しているチャクラもあります。
それでもしっくりこなければ、自分の直感を信じて、自分が良いなと思った色を選んでくださいね。

また、他にも、「インナーチャイルドメッセージ」から展開されている、
チャクラに対応したオイルを活用するのもおすすめですよ!
インナーチャイルドメッセージ チャクラオイル

チャクラオイルの使い方は基本的にアロマオイルと同じですので、気軽に生活の中にも取り入れられるのもポイントですね。

最後にもう1度お伝えしますが、チャクラはエネルギーであり、流動的なものです。
長期間に渡ってバランスが崩れている状態では問題になりますが、
一時的に少し乱れたり、バランスが崩れたり、ということは、日常の中で十分起こり得ます。

あまり神経質になり過ぎす、チャクラと上手に付き合っていきましょうね!

雨音 水螺

雨音 水螺

自身の経験から、エネルギーワークも含めスピリチュアルに興味をもち、フリーランスでライターをやる傍ら、チャネリングを中心に日々探究・精進に勤しんでいる人。日々感じたことだけでなく、受け取ったメッセージなどを自身のブログに綴っている。