ペットは何歳からシニアなの?高齢ケアで長寿を目指す!

おはようございます、HALです。

先日の話ですが、愛猫の年齢を聞かれたので「15歳です」と答えますと、
「長生き猫ちゃんですね!」と返ってきました。

ハッとしました。

ペットはいくつになっても可愛らしいので、
シニアだと頭では分かっていても、あまりピンとこない・・・
というのが本音でした。

でもよく見れば、以前よりも大人しくなっていたり、
腰の部分の肉付きが減って筋肉が落ちてきていたりといった変化を
感じることができます。

そうした変化に見合った環境を提供出来ているか、
ペットの住環境しかり、フードしかり・・・。
ちゃんと見ていかないといけないな、と改めて思いました。

ところで、ペットはいつからシニアになるかご存知でしょうか?

実は、猫はだいたい7歳位から、犬は8歳位からもうシニアなのです。

けれど、種類や体格差によっても差があるのが実際のところ。
特にワンちゃんは幅広く、小型犬では10歳位からなのに対して
超大型犬では6歳位からと言われています。

この年齢に差し掛かってきたら、年に一度は健康診断をすることを
推奨する獣医師さんは多いですよね。

それは、ペットの寿命が延びて高齢化が進むにつれ、生活習慣病など
人間同様の病気に罹(かか)るペットが増えてきているからなのです。

そうした病気にならずに、健康で過ごせたとしても
どうしても高齢になるに従い、体の色々なところに機能低下が
出てきてしまうのは、仕方のないことです。

けれどもし、その機能低下の速度を遅らせることができるとしたら?

そうした願いを叶えてくれるのが、「シニア・シチズン(高齢期のケア)」です。

シニア・シチズン(高齢期のケア)《グリーンホープファーム》14ml

このエッセンスは、高齢者と老年期のペットの健康をサポートします。加齢による機能低下の状況下にあっても、よりよい精神のバランスと活力を保ち、体の柔軟性、視力、聴力、エネルギーレベルの低下などの老化症状の進行を遅らせることに役立ちます。

これは、すでに加齢による変化が見られるペットにも、
シニアにはなったけれどまだまだ元気といったペットにも
有効なフラワーエッセンスです。

聴力や視力、身体の機能といった目に見えた衰えはもちろん、
精神バランスや活力といった目に見えない部分もフォローしてくれる
エッセンスですので、シニアペットの生活に取り入れることで、
“心身ともに元気で長生き!”を実現させてあげることができます。

それでは、次週もまた火曜日にお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。