恋愛の悩み「ネットで知り合った人 2回目のデートの約束が…」

こんにちは。SUN&MOON 柳瀬更織です。

今回は、40代会社員の方から、こんなご相談をいただきました。

<お悩み>
先月、婚活サイトである年下の男性と知り合いました。
1か月ほどメール交換をして、バレンタインということもあり、先週初めて食事に行きました。誠実そうな人で、とても紳士的にふるまってくれました。食事も楽しく、2回目のデートも行きたいね。と話をしていました。
しかし、帰ってから、お礼のメールはお互いしたものの、次のデートの約束が具体的に出ません。何だか肩透かしにあったような気がします。私から誘って断られたら…と思って悩んでいます。
(40代/会社員)

 

婚活サイトでの出逢い、合コンでの出逢い、友人の紹介、同じ学校、同じ会社…あらゆる場面で出逢いのチャンスは用意されていますね。

 

出逢いとは「縁」です。

「縁」が繋がっていくのは「運命の導き」が関係しています。

 

極端な例ではありますが、運命が導く縁は何をしても繋がっていくものです。

 

逆もしかり、出逢った相手と相性が良くても、運命が必要としない縁は繋がらないという場合もあるのですね。

 

運命が導く縁の繋がりは、様々な形があります。

恋人、夫婦、友人関係、仕事関係、一時の知り合いなど、どのような形であるかは運命だけが知っています。

 

繋がっていた縁だったのに、人生の途中で切れる縁もあります。

それは、人生の転換期であったり、縁同士の学びがステップアップしたときであったりと、縁が切れたからといって、けして後ろ向きな出来事ではありません。

さて…あなたは、今回、婚活サイトを通じて、年下の男性と出逢いました。

そして、連絡を取り合い、実際に会うまでに至りました。

これは、まさに「出逢いのチャンス」です。

 

今、あなたは、縁が繋がるかどうかのスタート地点に到達したと捉えて下さい。

縁が繋がっていく時間は、人によって数時間から何ヶ月、何年単位とそれぞれ違います。

まずは、ゆっくりとコミュニケーションを取っていくこと。

最初に出逢ったときと同じように、メール交換をしつつお互いをもっと深く知っていくようにしましょう。

繋がるべき縁ならば、お互いの都合や、気持ちのタイミングで、またデートの機会が与えられます。

交際や結婚をゴールとして出逢いを求めすぎると、繋がるべき縁を見失うことがあります。

もしかしたら、年下の男性とは恋人ではなく友人としての縁かもしれません。

友人の縁となった先に、紹介や友達付き合いを通じて、また新たな出逢いが用意されているのかもしれないのです。

 

まずは出逢いを楽しむこと。

そして、ゆっくりとコミュニケーションを取りながら、関わりを深めていくことが大切です。

 

あなたには、ちゃんと運命が導く縁が待っていますよ。

 

SUN&MOON 柳瀬更織

SUN&MOON 柳瀬更織

直観視・遠隔視・占い・ヒーリングをもちいて、運勢の流れ、本質、過去・現在・未来を読み解き、 個人対面セッションにて、人生を自分らしく進むために必要なメッセージとアドバイスをお伝えしています。