気分はもう春!花の香りが特徴的なアロマオイル

今日から3月。
寒い日が続いた冬を越えて、ついに春が訪れつつあります。
 
さて、そんな春と言えば、色とりどりの花が咲く、賑やかな季節ですよね。
そこで、今回は、アロマオイルの中でも、花の香りが特徴的なアロマオイルをご紹介しましょう。

みなさんは、アロマオイルと言えば、どんなものを思い浮かべますか?
ラベンダーやローズマリーのような葉っぱ、植物系の香りでしょうか?
それとも、オレンジやグレープフルーツなど甘酸っぱい柑橘系の香りでしょうか?
もしくは、サイプレスやシダーウッドと言ったウッディ系の香りですか?

実はアロマオイルの中には、香りがとても濃厚で、思わず春の訪れを感じさせてくれ、
まるでお花畑のような香りがするものもあります。
それがフローラル系、つまり花から抽出されたアロマオイルです。

例えば、ローズ。
こちらはその名の通り、バラの花びらから抽出されたオイルです。
貴重なローズから抽出しているので、とても濃厚な香りがするのが特徴、女性らしい華やかなイメージを与えてくれます。

また、ジャスミンも濃い花の香りを持っています。
女性らしさを演出したいときに特におすすめのジャスミン。
こちらも質の良い品種の花びらからオイルを抽出しています。

少し柔らかい香りなら、カモミールです。
ジャーマンカモミールは、甘いリンゴのような香りが特徴です。
ゆったりと気分を休めたいときに最適のオイルです。

他にも、花の中の花と呼ばれているイランイランも有名です。
濃厚でエキゾチックなその香りは、官能的でもあるため、
インドネシアでは新婚初夜に用いられています。

イランイラン 《カレル・ハーデック》 10ml

「花の中の花」という意味のイランイランは気持ちを落ち着かせてリラックスさせる効果があります。血圧を下げ、筋肉や神経の緊張を和らげます。痛みを緩和する作用もあります。インドネシアでは、新婚夫婦のベッドにイランイランをばらまいて、新婚初夜をロマンティックに過ごす為の演出をしました。カップル、夫婦の夜の営みをロマンティックに演出します。スキンケア効果も高く、化粧水やマッサージオイルの材料としても最適です。人によって、頭痛などの副作用が出る事があります。お体に合わない場合は使用を中止してください。また、妊娠4カ月までの方はご使用を控えてください。。


 
このように、お花に由来するアロマオイルは意外と多いものです。
是非、この取り入れて、春の訪れを満喫してくださいね。

AEAJ認定アロマテラピーアドバイザーの花山さくらでした。

花山さくら

花山さくら

今話題の美容やコスメ情報、恋愛などを専門とするフリーライター。アロマテラピーアドバイザーやメディカルハーブセラピストなどの資格を活かして、専門的な知識のもと、繊細な女性に癒しを提供していきます。