小さな野花が咲き始める3月の誕生石「アクアマリン」の魅力

まだまだ寒さが続いてはおりますが、一方で、確実に春の近付く気配もする今日この頃。
八百屋さんやスーパーでも、菜の花やつくし、たらの芽といった春の味覚が登場している時期ですね。

そんな3月の誕生石は、複数存在します。
コーラル(珊瑚)とブラッドストーンもそうですが、最も知られているのは、今回ご紹介するアクアマリンかもしれませんね。

アクアマリンは、「ベリル」と呼ばれる鉱石の1種です。
ベリルは色合いや含有する成分によっていくつか名称が使い分けられているのですが、特に有名なのは、宝石としても人気の高いエメラルドでしょう
(つまり、アクアマリンはエメラルドの仲間ということになります)
アクアマリンもまた、品質の高いものは宝石して扱われることもありますね。

もちろん、人の手によってさらに磨き上げられたジュエリーとしてのアクアマリンも美しいですが、
原石にもまた違った魅力があります。
原石で見られる六角形の柱の形の結晶も、ベリルの特徴だからです。

いずれにしても、透明感のある青色が愛されているアクアマリンは、色と名から連想できるように、
そのパワーも「水」や「海」と関連が深いと考えられています。
海に行くと癒される、心が安らぐという方も多いと思いますが、アクアマリンも癒しや安らぎの力を強く持っています。
また、海は豊かな生命が、絶妙なバランスで共存している場所でもあります。
アクアマリンにも豊かさや調和をもたらす力があるとされ、それが人間関係にも働くので、時に「結婚の石」と呼ばれたりもします。

さらに、水は水源から「湧き」、下へと「流れ」、「巡る」ものであり、
その過程の中で、汚れたものを「洗い流す」ものでもありますよね。
アクアマリンのパワーにも、「湧く」「流れる」「巡る」というキーワードは大きく関わってきます。
アクアマリンのパワーは、さらに、
まさに水が湧くようにアイデアやインスピレーションが湧き、自己表現力を高めるためのサポートしてくれたり、
ネガティブな感情を洗い流してくれたり…
あるいは、循環し続けるところから「永遠の若さ・美しさ」にも関わっていたりするのです。

色合いも美しく、そのパワーも穏やかながら安心感のあるアクアマリンは、オルゴナイトなどのエネルギーグッズにも多く活用されています。

アバンダンス(豊富)ボール型オブジェ《オルゴナイト》 8cm

アバンダンス(豊富・豊かさ)のために作られた、強力なボール型オルゴナイトです。シトリンとカルサイトが物質的な豊かさをサポートし、アンバーが物質的な豊かさの他に安定した精神や幸運を、緑の映えるエメラルドが愛に基づいた総合的な豊かさをもたらします。引き寄せるパワーの強いオルゴナイトを活用するためにも、ぜひ、ポジティブな気持ちで使うようにしてみてください。

アクアマリン(変容) 《フローラコロナ》15ml

アクアマリンは、コミュニケーション能力を高めてくれます。あまり人間関係がうまくいっていない時、自らが変わることで、周囲との関係をよくしていくのをサポートします。自分の本当の気持ちをゆっくりと考えるとき、素直になれるよう手助けします。

季節の変わり目のこの時期、気候の変化についていけなかったり、花粉症の症状が出たりして、何となく気分が落ち込んでいる方もいらっしゃるでしょう。
あるいは、4月に向けての人間関係の変化に、内心不安を抱えいる方もいらっしゃるのでは?
そんなあなたにそっと寄り添ってくれるアクアマリンを、お手元に置いておくのもいいかもしれませんね!

雨音 水螺

雨音 水螺

自身の経験から、エネルギーワークも含めスピリチュアルに興味をもち、フリーランスでライターをやる傍ら、チャネリングを中心に日々探究・精進に勤しんでいる人。日々感じたことだけでなく、受け取ったメッセージなどを自身のブログに綴っている。