衣類のにおい消しに!アロマ消臭スプレーの作り方

春と言えば、衣替え!

重くて分厚いコートを脱ぎ捨てて、柔らかな春が到来します。
しかし、一番が困るのが、洋服についてしまった臭いですよね。
例えば、防虫のため、長期間、ショウノウを入れていたがために、
タンスの中はショウノウの臭いがついて、取れなくて困ることもありますよね。

また、焼き肉屋や居酒屋に行った後も、洋服についてしまいますよね。

そういう臭いは、ハンガーにかけて風通しをしていても、なかなか取れません。

そこで今回は、洋服の臭いをサッと消臭してくれる、アロマ消臭スプレーの作り方をご紹介します。
 
用意するもの
・消毒用アルコール・エタノール 10ml
・精製水 190ml
・アロマオイル ティートゥリー シダーウッド レモン
・スプレー容器

1.スプレー容器に消毒用アルコールを入れます。
2.その中に、ティートゥリーオイルなど、好きなアロマオイルを10滴入れます。
3.よく振って撹拌した後、精製水を加えます。
4.臭いが気になる衣類にスプレーします。

たったこれだけの手順で、簡単にアロマ消臭スプレーが完成します。
ティートゥリーだけでなく、シダーウッドやレモンなどを数滴混ぜると、香りに深みが出ます。
ただ、濃度の都合上、最大でも合計20滴にとどめておいてください。

また、アルコールは揮発しますが、あまりに衣類の近くでスプレーすると、シミができる可能性があります。
まずは、裏地など、目立たない場所で10センチほどの距離を取って試してください。

使用期限は、作成から約2週間をめどに使い切るようにしてくださいね。
 
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザーの花山さくらでした。

ティートゥリー《ミカエル・ザヤット》10ml

ティートリーは、スパイシーでフレッシュな香りです。ウィルス対策におすすめです。ニキビケアとしても活躍します。
花山さくら

花山さくら

今話題の美容やコスメ情報、恋愛などを専門とするフリーライター。アロマテラピーアドバイザーやメディカルハーブセラピストなどの資格を活かして、専門的な知識のもと、繊細な女性に癒しを提供していきます。