アロマオイルとワセリンで簡単 練り香水の作り方

使ってよく混ぜ、全体が混ざるようにします。

こんなに簡単に練り香水が作れてしまいました。

■アレンジについて
アロマオイルの練り香水については、自分で香りのアレンジができます。
ローズやジャスミンなど、濃厚な花の香りも良いですし、オレンジなど柑橘系の香りも爽やかです。
気分に合わせて使い分けるのもおすすめです。

■使用に際しての注意点

・作ってから1週間ほどで使い切ること
ワセリンを塗る際、指で取ると思うのですが、その時に指先から雑菌が入ってしまいます。
また、保存料なども配合していないので、劣化しやすくなっています。
作ってからは、なるべく早く使い切ってください。

・アロマオイルの濃度を高くしないこと
香りを楽しみたいからと言って、アロマオイルの量を増やしてしまうと、お肌への負担となってしまいます。
特に、敏感肌の方は、最大でも3滴にとどめるようにしてください。

・柑橘系のアロマオイルに注意
柑橘系のアロマオイルを使って練り香水をつくる場合、紫外線に注意しなければなりません。
柑橘系のアロマオイルには、光毒性があり、紫外線を浴びるとお肌が刺激を受け、変色したり炎症を起こすことがあります。
そのため、柑橘系のアロマオイルを使う際には、露出する部位につけないなど、注意をしてください。

とっても簡単に作れるアロマオイルの練り香水。
気軽に身につけて、毎日をもっと楽しく、素敵にお過ごしくださいね。
AEAJアロマテラピーアドバイザーの花山さくらでした。

ラベンダー・エクストラ 《カレル・ハーデック》 10ml

「アロマテラピーと言えばラベンダー」というほど、様々な効果があります。主成分の酢酸リナリルは、強い鎮静効果とリラックス効果が期待できます。虫刺されの炎症に、直接塗布すると痒みと炎症が楽になります。また、やけど跡や日焼けのアフターケアに適しています。炎症を抑え、皮膚の再生を促します。化粧品素材としても、全ての肌タイプにマッチするオールマイティなアロマオイルです。タンスやクローゼット、リネンの虫よけにも重宝します。
花山さくら

花山さくら

今話題の美容やコスメ情報、恋愛などを専門とするフリーライター。アロマテラピーアドバイザーやメディカルハーブセラピストなどの資格を活かして、専門的な知識のもと、繊細な女性に癒しを提供していきます。