日本人には「イエロー」が足りないというお話

こんにちは、スピリチュアルセラピストの相川葵です。

先日は、スピリチュアルアイテム「リヒトヴェーゼン」の開発者である、ゲルハルド・K・ピエロット氏とお会いする機会をいただきました。

リヒトヴェーゼンは、インナーチャイルドメッセージオイルと同じく、人の心を癒す、ドイツ生まれのマジカルオイルのひとつです。
オイルやスプレー、アクセサリーなどのラインナップが揃っていて、私もかねてから注目し、ショップで取り扱っていました。

そんなリヒトヴェーゼンのピエロット氏から、今回の講座では様々なスピリチュアルな話をお聞きすることができましたが、中でも印象に残った「日本人とイエローの話」をご紹介致します。

日本人には、イエローという色の持つ特性が非常に不足している、と考えられるのだそうです。

イエロー、つまり黄色がどのような色かと言うと、それは希望の色であり、満たされた、満足の色、喜びの色です。
金銭的、物質的な喜びではなく、自分が自分自身であることによって内側から湧き出てくる、内面の喜びをあらわす、創造の光の色なのだそうです。

日本人には、このイエローの光が全体的に不足している。それはどうしてなのでしょう?

日本の民族性の特徴として、「非常に真面目」で、「心配性」であることが、かねてから挙げられています。南アフリカでは30パーセントにも満たない心配性の割合ですが、日本ではおよそ80パーセントの人が心配性と言われています。
それは日本の何が悪いというのではなく、実は遺伝子レベルの問題であるということも、近年の研究からわかってきているようです。日本人はセロトニンの量が欧米人に比べると少なく、心身の状態を安定させるのが難しい民族であるとも言えるでしょう。
不安なことが多い、「○○がダメだったらどうしよう」といつも考えてしまう、だからこそ必然的に真面目になるとも言えるのです。

この反動として、日本人は、ただ存在しているだけで喜ばしい……という、存在の喜びに恵まれるチャンスに欠けているのかもしれません。

存在している喜び、自分が自分であることの歓喜、そしてそれによってもたらされる、自分にはできるという可能性への信頼。
真面目すぎ、心配しすぎの人は、こうした「イエローの感情」を補ってあげることで、もっと明日羽ばたける、もっと自分を信じることができるようになるでしょう。

イエローはまた、地に足をつけた、安定性の色でもあるということです。このあたりは、東洋で言う、黄色が五行の「土」にあたるというようなこととも、共通点があるのですね。

イエローの感情を補うためには、スピリチュアルオイルもまた、イエローの入ったものを使うのがおすすめです。
リヒトヴェーゼンで言えばヨフィエルのアロマスプレー、インナーチャイルドメッセージオイルでいえばDreamyや、Beautiful Woman、あるいは第3チャクラの「マニプラ」などがイエローの力を得る助けとなることでしょう。

Dreamy(夢を現実化させる)メッセージオイル 15ml

夢を実現化させるためには、とても大きなエネルギーが必要。
時には、一人だけではそのエネルギ―放出し続けることができない…
と思いうこともあでしょう。
そんなときは、インナーチャイルドメッセージオイルの白魔法が、
あなたのパワーを助けます。
あなたの持っている、内なる力を増幅させ、あなたの夢をぐっと引き寄せて
現実のものに。
もうひとがんばりしたい、頑張っているから成果がほしい。
そんなときに、Dreamyの魔法を借りてみてくださいね。

Beautiful woman(仕事と美容) メッセージオイル 15ml

仕事は今や、女性の自立と活躍に、欠かせないものとなっています。
しかし一方で、仕事が充実するに従って女を捨てるような生活にはまってしまったり、
美容面を諦めざるを得なくなってしまうケースも…心当たりはありませんか?
インナーチャイルドメッセージオイル「Beautiful woman」は、仕事も美容も諦めない!
すてきな女性のためのオイル。
このオイルにかけられた白魔術で、あなたの内面から美のオーラを引き出すと同時に、
仕事に対するアイディアとバイタリティも一緒に補填します。

マニプラ(第3チャクラ)(宝珠のありか) チャクラオイル 15ml

個性と自我を支えます。幼い頃に押しつけられた固定概念などからなかなか抜け出せない方におすすめです。

 

 

 

相川葵

相川葵

2008年アメリカ留学後、ヒプノセラピーのお店を日本で開業する。その後数々のテレビ出演依頼を受ける。主に催眠術番組や霊感番組など、現在はセラピストの経験を生かし、小学館の専属ライターとして占い、心理学などの記事を連載中!!