季節の変わり目だから?急に攻撃的になったペットの対処法

おはようございます、HALです。

やっと春らしくなってきたかと思っていたら、寒さがぶり返す・・・という
不安定な気候の今日この頃ですが、皆様の体調はいかがですか?

こうした時期には、ペットも体調を崩しやすかったり
ストレスが溜まったりと、体と心の不調を訴える子が増えます。

けれど、人間と違い言葉でそれを表すことができないため、
中には攻撃的な手段を持って、それを表現する子が出てきてしまうんですよね。

子犬や子猫の場合、元気が有り余って破壊行動に見える遊びを
してしまう子もいますが、度を越した攻撃性や破壊行動を見せる子には
やはり何らかの問題が潜んでいます。

その中には、内科的・外科的な治療が必要な病気が原因の場合もありますから、
よく注意する必要があるのですが、
そうでない場合にはストレスを抱えるなんらかの原因があるはずなのです。

いくつか例を挙げてみます。

・新しい仲間が増えた(人間・ペット問わず)
・引越しや模様替えをした
・フードや爪研ぎ、トイレ砂等の種類を変えた
・不衛生な環境
・ものが溢れた環境
・嫌な匂い(人間が感知出来ない場合もあり)
・騒音雑音など(雷、工事の音、音楽なども含む)

上記は一部の例ですので、暴れてしまうペットちゃんの数だけ
その原因があると思って頂いたほうが良いかもしれません。

そして、中には「昔からものが溢れた環境で育っているし・・・」
「ずっと大音量で音楽聴いてきたんだけど・・・」など、
環境が変わった訳でもないのに突然暴れるようになったと
感じることもあるかと思います。

けれど、花粉症がある一定の花粉を溜め込むまでは発症しないのに、
キャパを超えると発症してしまうのと同じように、
ずっとストレスとして溜まってきたイライラが、
限度を超えて爆発してしまった結果ということも考えられるのです。

なので、原因に思い当たる節がある方はぜひ、
それを取り除くことを実践してみてください。

しかし、それが難しい場合もあると思います。
そんな時や、すでに攻撃的になってしまっている子への対処方法としては
アウトバースト」を与えると良いでしょう。

アウトバースト(暴れ癖のケア)《グリーンホープファーム》14ml

このエッセンスは攻撃性、暴力的な爆発、不適切な行動の改善を目的としています。発疹をなどの突発的な身体の反応や、破壊的な行動により閉じ込めていた感情を発散してしまう動物を手助けします。動物は子どもと同様に、自らがスポンジの役割となり、行く先々でネガティブな感情を吸収し、ともすれば吸収しすぎて、自分の許容量を超えてしまいます。世話をする者が、彼らが吸収し過ぎたものを適切に放出してやらなければ、動物たちは破壊的な方法で放出してしまうのです。このエッセンスは、動物たちが、許容量を超えて吸収したマイナス感情を、穏やかな方法で放出することに役立ちます。

このエッセンスは、原因が分からない攻撃性も含めて、
ペットの感情を抑え込むのではなく、穏やかな方法でも発散できるように
してくれる効果があります。

ペットの個体差や程度の差などもありますので、すぐに効果の表れる子と
時間の掛かる子もいますが、重要なことは続けて与えてあげることです。

重程度の子には、出来れば直接舌に数滴垂らして与えるのが効果的ですが、
フードや水に混ぜたり、ペットが舐めることの多い場所(手や口周りなど)、
それも難しい場合には、水で薄めたエッセンスを体にスプレーするなども
有効ですので試してみてくださいね。

それでは、次週もまた火曜日にお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。