親子の悩み「母親がお金を無心… どうやって断ったらいいでしょうか。」

こんにちは。SUN&MOON 柳瀬更織です。

今回は、20代主婦の方から、こんなご相談をいただきました。

<お悩み>

両親は私が小学生の時に離婚しました。
その後、私と妹、弟を母が一人で育ててくれました。
家計を助けるため私は高校卒業してから働きに出て、10年がたち、昨年結婚しました。今は幸せな結婚生活を楽しんでいます。
ところが、最近母親が「お金を貸して」と連絡してきます。
結婚するまでは家にお金を入れていたのですが、結婚を機にそれをやめたのですが、どうもそれが原因のようです。お金を貸すことはできますが、今は主人に相談する必要もあるため勝手にできないのです。
どうやって断ったらいいでしょうか…。
(20代/主婦)

 

お母様は、女手一つで3人のお子様を育ててこられたのですね。

10年以上前といえば、現在よりも、もっともっと女性に厳しい社会だったでしょうから、お母様のご苦労は想像以上に大変なものであったと思います。

 

あなたは高校卒業と同時に社会に出て、家計にお金を入れ続け、この10年間、お母様はとても助けられたことでしょう。

本当に親孝行の娘さんであると思います。

今、ご結婚されて、とても幸せで楽しい毎日をお過ごしになっているとのこと。

心から祝福を送ります!

これからも、もっともっとお幸せになって下さいね。

 

さて、お母様から「お金を貸してほしい」という連絡が来るのですね。

どうやって断ったら良いのか…それには、かなり詳しく、お母様の背景を把握しておく必要があると思います。
あなたからのお金が入らなくなったことで、どのようにお金が足りないのか、理由をお聞きになっているでしょうか?

弟さんや妹さんは、自立なさっていらっしゃるでしょうか?

お母様の現在の暮らしぶりは、どのようになっているでしょうか?

最終的には、お金を貸すことはお母様の為にはならないと感じますので、お断りする方向で考えていくことがベストであると思います。

しかし、その前に、お母様の状況を聞き出して環境整理をしてください。

 

あなたが、結婚を境にお金を入れなくなったことだけが原因だったとしたなら、お母様の家計の見直しが必要です。

お母様の毎月の収支はいくらなのか、絶対に必要な支出(例えば家賃や光熱費など)を明確にして、どこかに無駄がないか家計を絞っていくことが大切でしょう。

 

もし、弟さんや妹さんの為にお金が必要であるならば、お母様を通してではなく、直接ご兄弟同士で連絡を取り合い、対策を講じていく必要があります。

 

お母様は借金を抱えているでしょうか?

その場合、どうして借金をする必要があったのか詳細を知り、どこからお金を借りているのか、返済内容はどのようになっているのか、事細かに調べることが大切です。

 

いずれにしても、お金を必要とする具体的な内容をハッキリとさせることが先決です。

その上で、貸すこと以外に対応できる部分があれば、お母様に協力をしていきましょう。

あなたは、結婚をして、新たな家庭を築いています。

これから、子どもに恵まれて家族が増えることもあるかもしれませんよね?

自分達の家庭を守っていくことが、あなた達ご夫婦の責任であり役目です。

 

 

心苦しいかもしれませんが、お金を簡単に貸すことが出来ない旨は、お母様にしっかりとお伝えして下さい。

どんなに絆の深い親子でも、お金の貸し借りで関係が複雑になり、最悪の場合は絶縁にまで至る例が山ほどあります。

それほど、金銭は人の関係に影響を及ぼすのです。

お金を工面して貸すことだけが、お母様を助けることではありません。

育てて下さったお母様に御恩を感じているなら、そして、これからもお母様との関係を良好に繋いで、お母様の今後の幸せな暮らしを願うなら…お母様に寄り添い、生活の見直しに力を貸していきましょう。

 

きっと、お母様はお金に不安を感じているだけではなく、心に寂しさも抱えているのではないかと思います。

もう一度、じっくりとお母様のお話しを聞いてあげて下さい。

 

SUN&MOON 柳瀬更織

SUN&MOON 柳瀬更織

直観視・遠隔視・占い・ヒーリングをもちいて、運勢の流れ、本質、過去・現在・未来を読み解き、 個人対面セッションにて、人生を自分らしく進むために必要なメッセージとアドバイスをお伝えしています。