これからの季節は室内飼いでも注意!怖いノミやマダニは○○でブロック

おはようございます、HALです。

世間はG.W.で、色々なイベントも各地で開催されていますね。
長期休暇を楽しまれている方も多いのではないでしょうか。

普段よりもペットと接する機会が増えるこの期間は、
ペットにとっても、飼い主との楽しい時間を長く過ごせる期間でもありますね。

しかし、ご存知でしたか?
ノミは18度くらいから、マダニは成虫になる前の若虫と呼ばれる段階では
春から活動することもあるということを…。
(※環境や種によっては通年活動するノミ・マダニも希にいます)

特にマダニは葉の裏などに潜み、草むらなどに入ってきた動物を標的に伝染ってきます。

『普段とは少しコースを変えて、自然豊な道を散歩する』
『普段のコースに雑草が生い茂ってきた…』

などという時には、そろそろマダニにも注意したいところです。

このマダニ。一度宿主と認識すると、皮膚を咬んでノコギリ状の管を差込み、
コンクリート状の唾液で体を動かないように固定して1週間以上の間、吸血を続けます。

咬まれた時の痛みと痒みも辛く、複数寄生された時には貧血になってしまうこともあります。

しかし、なんといっても怖いのは、様々な感染症を媒介する役目もしているところです。
重篤な症状になると、命を落とすことのある感染症も含まれています。

そして、家の中で発生するノミ。
これも、ノミの糞や死骸などでアレルギーを発症したり、皮膚炎になったり、
刺されると強い痒みが、場合によっては一ヶ月以上も残ったり…と厄介なものです。

しかも、一度発生してしまうと一度や二度、
家中を掃除しても除去できるものではないのです。
(完全除去するためには、約一ヶ月の徹底清掃が必要というデータもあります)

そして、これらノミやダニは人間にも同様の害を及ぼします。

そこで活躍するのが、動物病院などで処方される滴下式の駆除薬ですね。
これを一回体につけるだけで、約一ヶ月の間効力があるというものです。

とはいえ、滴下式の駆除薬は肌の弱い子ですと赤くなったり少し脱毛したりしますので、
なるべくなら少ない回数で済ませたいというのも本音だと思います。

そこで、滴下式駆除薬を使用することが難しいペットには単独で、
また、駆除薬と併用という形でも『フリー・フリー』を使用することをおすすめします。

フリー・フリー(ノミのケア)《グリーンホープファーム》14ml

我々の様々な研究の結果、電気的な活力の高い動物が害虫をはねつける力が強いことがわかりました。このエッセンスは動物の電気的な活力を高めることで、ノミをはじめとする害虫をよせつけなくすることに役立ちます。

このエッセンスは、ノミのケアと書いてありますが、ノミだけではなく
様々な虫を寄せ付けない効果があります。

しかも、他のフラワーエッセンス同様、副作用は一切ありませんので、
他のエッセンスや薬と一緒に与えても心配がありません。

ノミやマダニの被害は、ペットにとっても家族にとっても辛いものです。
エッセンスの有効活用でこれからの季節、ペットの笑顔と共に快適にお過ごしくださいね。

それでは、次週もまた火曜日にお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。