夫婦の悩み「5月病…?主人が仕事を休んでばかりいます。」

こんにちは。SUN&MOON 柳瀬更織です。

今回は、40代パートの方から、こんなご相談をいただきました。

<お悩み>
中学2年の息子、小学生4年の娘、2児の母です。
主人はメーカーの営業マン、私は平日9時~5時でパートをしています。
特に夫婦仲が悪いということもなく、子供たちも毎日学校へ楽しそうに通っています。ところが、最近主人が会社を休むことが増えました。
休んだ日は朝から晩まで寝ています。
冬は風邪かと思っていましたが、最近はただの不調とのことです。
今月に入って金、土、日、月と4日間もゴロゴロ…。週中突然午後から早退してきたり。
理由を聞いてもはっきりとした返事は返ってきません。どうしたらいいでしょうか。
(40代/パート)

 

ご主人の様子、心配ですね。
理由を尋ねてもハッキリとした返事が返ってこないとなると、だただた様子を見守るしか出来ず、もどかしいですよね。

 

恐らく、ご主人は相当に疲弊しているのではないかと思います。

それは、あなたご自身も、ご主人をそばで見ていて、ヒシヒシと感じていらっしゃるでしょう。

ご主人は、身体の疲れではなく、心の疲れが蓄積しており、それを解放する術がない状況なのではないかと感じます。

5月病などの類ではなく、回復には、それ相応の適切な期間が必要かもしれません。

ご主人は、とても真面目で仕事に対しても誠実な方なのではないかと想像します。

真面目であればあるほど、どんなに心の疲れが蓄積していようと、何としてでも頑張って仕事に行こうとします。

そして、また心の疲れを蓄積させる…。

真面目だからこそ、何とかしようと負のサイクルを繰り返し、そのうちに心身のバランスを崩して、心の病を発症することがあります。

 

今のご主人は、そのような負のサイクルの渦中にいるような気がします。

もしかしたら、ご主人からハッキリとした返事が返ってこないのは、返事をしたくないのではなく、自分でも、どうしてこうなったのか本当に分からないのではないでしょうか?

 

知識も技術も経験も豊富なのに、昨日まではキチンと出来ていたのに…ある日、突然、心と身体がついていかなくなる…という状況に陥ることは、けして珍しいことではないのです。

これは、ご主人に限らず、誰もがその状況になる可能性があります。

 

年齢を重ねると、ホルモンのバランスが失われて「更年期」の症状に悩まされる方も多くいます。

女性の更年期は、よく耳にしますね。

この頃は、男性の更年期も注目されています。

更年期は、倦怠感や頭重感、頭痛、動悸、ほてりなど、風邪の症状と似ています。

良質な睡眠をとることが難しくなり、いくら寝ても眠たいという状態になることもあります。

 

また、日常の何気ない些細な変化が「引き金」となり、心が大きな悲鳴と共にダウンすることもあります。

最近、仕事上で何か変化した出来事はあったでしょうか?

例えば、社内で部署移動があったり、上司が代わった、顧客とのトラブルがある、新たな仕事に着手したなど…。

その変化は、周囲から見ても変化と言えないほどのことかもしれません。

長年、お勤めになっているなら、以前にも同じようなこと、いつもと同じことで、ご自身でもルーティンの一部だと思えるほどの些細な変化が、突然、心の負担になる場合もあるのです。

まずは、中途半端に仕事に行ったり休んだりするのではなく、しっかりと休暇を取ってほしいと思います。

そして、ご主人を病院へ連れていきましょう。

身体に病的な問題が無いなら、心療内科など、心の診察を専門としている病院を訪ねて下さい。

 

ご主人に「会社をしっかり休もう」「病院へ行こう」と促し、寄り添い、導いていけるのは、ご家族しかいません。

これまで、社会やご自身のためだけでなく、ご家族の生活を守るために一生懸命に働いてきたご主人だと思います。

今度は、ご家族のみなさんで、ご主人の心と身体を守って下さい。

 

SUN&MOON 柳瀬更織

SUN&MOON 柳瀬更織

直観視・遠隔視・占い・ヒーリングをもちいて、運勢の流れ、本質、過去・現在・未来を読み解き、
個人対面セッションにて、人生を自分らしく進むために必要なメッセージとアドバイスをお伝えしています。