幸せな気持ちをもっと高めたい時におすすめのアロマオイル

最近、良いことってありましたか?
意識し始めてみると、青信号が続いたとか、天気が晴れていたとか、そんなことでも幸せって感じられるんですよね。
そして、幸せな気分を感じていると、さらに幸せな出来事を引き寄せるなんて言われています。

そこで、本記事では、幸せな気持ちをもっと高めてくれるアロマオイルをご紹介しますね。

■ローズ
長い歴史の中でも、各国の王族に愛され続けているローズ。
その甘くて濃い香りに包まれると、女性として自信がついて幸せな気持ちになれるんですよ。
アロマオイルを他のオイルとブレンドするのもいいですし、
ローズから抽出したフローラルウオーターを化粧水代わりに使ってみるのもおすすめです。

■ジャスミン
オリエンタルで濃厚な香りが特徴のジャスミンは、中国茶でもおなじみですよね。
ジャスミンのアロマオイルには、鎮静作用のある成分が含まれているので、
穏やかに幸せな気持ちを盛り上げたいときにおすすめです。
マッサージオイルや、ハンカチに数滴落として持ち歩くのもほのかな香りで良いですよ。

■ローマンカモミール
リンゴのような甘い香りのローマンカモミールには、幸せな気持ちをずっと続けてくれる効果があります。
夜、眠る前のリラックスタイムに、マグカップに数滴たらして、芳香浴をすると、眠りにつきやすくなりますよ。

今回ご紹介したアロマオイルは、どれも刺激が少なく、気持ちを安らかにしてくれる香りです。
まったりとした幸せな時間を、もっと感じていたいとき、ぜひ使ってみてくださいね。

AEAJ認定アロマテラピーアドバイザの花山さくらでした。

ジャスミン《ミカエル・ザヤット》1ml

ジャスミンの独特の香りは高貴で上品。ジャスミンのエッセンシャルオイルは、強い鎮静と高揚をもたらします。また、自信喪失の際には強い心を取り戻します。
花山さくら

花山さくら

今話題の美容やコスメ情報、恋愛などを専門とするフリーライター。アロマテラピーアドバイザーやメディカルハーブセラピストなどの資格を活かして、専門的な知識のもと、繊細な女性に癒しを提供していきます。