夫婦の悩み「子供がほしい…セックスレスを解消したいです」

こんにちは。SUN&MOON 柳瀬更織です。

今回は、30代主婦の方から、こんなご相談をいただきました。

<お悩み>

結婚5年目、2歳半の女の子のママです。
そろそろ二人目がほしいと思っているのですが、1年近く夫婦生活がありません。
二人目がほしいことは主人も考えているようなのですが、なぜかそういう雰囲気になりません。子供がほしいこともありますが、主人に女性としてみてもらえていないようで寂しく、辛いです・・・・。
(30代/主婦)

 

セックスレスは、多くの方々が密かに抱えている悩みです。

 

とくに、日本は諸外国に比べてセックスレスに陥っているカップルがとても多く、少子化にも影を落とす社会的問題となっています。

一般社団法人・日本家族計画協会が行っている「第8回 男女の生活と意識に関する調査」(2016年調べ)では、セックスレス既婚者は47・2%と過去最高の数字となり、セックスレス事情は加速を増すばかり。

その原因は、それぞれの家庭により様々ではありますが、どんな原因であったとしても個人としては「性を持つ人としての一生」に関わる人生問題でもあり、とても深刻です。

セックスレス期間があまり長引くと、ほんの少しのズレが、いつしか巨大な歪みになってしまいます。

放置しても解決することではないので、今回を機に、ご主人とストレートに向き合うことが必要ですね。

ご主人も2人目のお子さんが欲しいと思っているようですし、ご夫婦の関係に深い溝があるわけではないと思います。

なのに「そういう雰囲気」にならないのは、夫婦お互いの気持ちに誤解があるように感じます。

 

あなた自身、結果的に子どもに恵まれたら嬉しいということであって、子作りのためだけのセックスを求めているわけではありませんよね。

純粋に「女性」として求められたい…そういう率直な気持ちをご主人に伝えたことはありますか?

 

ご主人も…子どもは欲しい気持ちは別として、自分が「男性」としてあなたに求められているかどうか、分からないままでいるのではないかと思うのです。

 

お互いに、似たような気持ちを抱えているのに、確かめないままセックスレスに陥っているのではないでしょうか。

 

まずは、あなたがご主人を男性として求めている気持ちを伝えて下さい。

夫婦ですから、駆け引きや裏工作は必要ありません。

恥ずかしさや、今更?という照れもあると思いますが、愛の気持ちをストレートに伝えることは、夫婦仲を円満にする秘訣です。

 

そして「そろそろ2人目が欲しい」という気持ちからは、少し離れましょう。

家族計画は、確かに大切なこと。

しかし、家族計画が前提のセックスは、あまりにも現実的すぎて、性欲を萎えさせてしまうことがあります。

子は授かりものです。

焦らずとも、夫婦の繋がりがしっかりと深まれば、運命が子を授けてくれるかもしれません。

夫婦がセックスレスに陥る一因としては、仕事で疲れている、面倒くさい、夫や妻に性を感じないなど、様々ですが

恋人同士だったときは、そうではなかったハズです。

 

恋愛中は、愛し愛されている実感を高め合う時期。

セックスは、お互いが必要で大切であるということを感じられる体験であり、パートナーとひとつになっていく幸せを強く感じられる行為です。

しかし、結婚をして、子どもに恵まれると、夫婦の「男女意識」が、急に「家族意識」になってしまう傾向があり、衣食住を満たすことがメインとなって、互いの気持ちを知る努力も、性を満たす重要さも欠落しがちです。

 

ですから、夫婦になっても、互いに「男女」であることを忘れず、愛を伝えたり、2人の時間を作る工夫が大切なのです。

 

ぜひ、恋人同士だったときのように2人きりの時間を持つようにしましょう。

2歳のお子さんがいらっしゃるので、無理のない範囲で構いません。

例えば、お子さんが寝たあとに2人でテレビを観ながら晩酌をしたり、時にはお子さんを預けて2人で数時間だけデートをするのも良いですね。

2人の間に、男女の時間が甦ることで、セックスレスは解消されていくと思います。

 

どうか、ご主人に「愛」を打ち明ける勇気を。

 

真っ直ぐな想いは、必ずご主人に届きますよ。

 

SUN&MOON 柳瀬更織

SUN&MOON 柳瀬更織

直観視・遠隔視・占い・ヒーリングをもちいて、運勢の流れ、本質、過去・現在・未来を読み解き、 個人対面セッションにて、人生を自分らしく進むために必要なメッセージとアドバイスをお伝えしています。