梅雨到来!犬がお散歩を嫌がるときにはどうするのが正解?

おはようございます、HALです。

6月といえば雨の多い季節ですね。

散歩するペットのいるご家庭では、
雨の日のお散歩が、ちょっぴり憂鬱になることもあるのではないでしょうか。

犬の散歩には運動・ストレス解消の目的があることから、
たとえ散歩を嫌がられたとしても、無理にでも連れて行ったほうが良いのか
悩む飼い主さんも多いようです。

また、お散歩中に排泄させることがルーティンになっているワンちゃんも多く、
そのことが悩みの原因になることもあります。

では、どうすれば良いのでしょうか?

実は、ワンちゃんと言えども雨にずぶ濡れになってしまうのは、
体にとって良いことではありません。

なので、結論から言うと、『雨を嫌がる場合には無理に散歩に連れ出す必要はない』
のです。

ただ、その分、別の方法で運動とストレス解消の手段を用意してあげる必要があります。

室内にできるだけ空間を作り(テーブルや椅子を隅に寄せる・床に置いてある障害物を片付ける等)、
ボールを転がして持ってきてもらったり、ロープを加えさせて引っ張りっこしたり…。

でも中型・大型犬になると難しいかもしれません。
その場合は、伏せやおすわり・おまわりなどを繰り返してやってもらうことで、
筋トレと知的刺激を同時に与えてあげるなどの方法も効果的です。

また、新しい芸を覚えて貰ったり、しつけをするのも良いでしょう。
特に、雨の日の排泄をする場所に関するルールを教えてあげることは重要です。

それでも、長雨などでストレスが溜まってしまうこともあるかもしれません。
そんな時には、緊急時にも活躍してくれる「レスキューペット」が有効です。

ストレスを和らげ、穏やかな気持ちでいられるようになるでしょう。

レスキューペット《バッチフラワーレメディ》10ml

心の動揺が大きいときの緊急フラワーエッセンス「レスキューレメディ」を大切なペットにも。
突然の事故やトラブルに遭ってしまった、怯えている、興奮している、病院やトリミングサロンに行く前など、ペットをリラックスさせたいあらゆる場面でお使いください。普段でも「様子がおかしいな」と思える時に使用すると、神経の高ぶりや乱れた心のバランスを整え、本来の落ち着きを取り戻す手助けをしてくれます。短時間で効果を感じることができるでしょう。

ただ、雨を必要以上に避けることもありません。

長雨が続く、小雨が降っているなどという場合には、なるべく雨がかからないルートを探す、
散歩時間を短くする、犬用のレイングッズで体を保護してのお散歩に少しずつ慣れてもらう…など、
ワンちゃんがなぜ嫌がるのかも考えつつ、無理強いしない程度にいろいろ試してみることも
解決方法のひとつです。

その際にも、「レスキューペット」は有効ですので、
ぜひ、試してみてくださいね。

それでは、次週もまた火曜日にお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。