美しい花には毒がある?ペットに危険な草花

おはようございます、HALです。

朝一番に、すること。
それは、早起きの愛猫にごはんをあげることなのですが、
その次にすることは庭に水を撒くことです。

一昨日、今年初めての朝顔の花も咲き、
早めに植えた向日葵には、蕾も確認できるようになってきました。

散歩をすると、近所の庭先には紫陽花(あじさい)やバラ・百合の花等も見ることができ、
その成長が楽しみのひとつになっています。

でも、こうした草花には、毒のあるものもあるんですよね。

ペットを飼っている場合には、庭の草花はもちろん
切花にも注意する必要があるのです。

では、どういった草花が危険なのでしょうか?

6月に咲く花で毒のあるものといえば、
代表されるのは紫陽花です。

梅雨の時期、目を楽しませてくれる紫陽花ですが、
実は、ほぼ全ての部位に毒があることで知られています。

その他、花菖蒲やアイリスなどのアヤメ類・百合・カラー・アマリリス、
チョウセンアサガオなど、調べていくと多くの草花が該当することがわかりました。
※チョウセンアサガオ(ほぼ全部位猛毒)と朝顔(種のみ毒)は別物です。

また、6月の草花ではありませんがクワズイモなど、観葉植物にも毒のあるものがあるので、
葉っぱを噛む癖のあるペットがいるご家庭では十分な注意が必要です。

それでも食べてしまい、吐く・下痢・腹痛・呼吸困難などの中毒症状が出た場合には、
一刻も早く処置をすることが大切になります。

命に関わることもありますので、必ず獣医師の診断を仰ぎましょう。
また、来院する前に電話等で獣医師から指示が得られると尚良いでしょう。

しかし、病院で処置を受けた後も、すでに吸収してしまった毒に対しては
完全に取り除くことができないのが現状です。

そんな時にも有効なのが、エッセンスの「コモンジェニパー」です。

猛毒の場合、摂取してから2日以内に腎不全を起こすものもあります(百合など)。
そういった毒素を分解・排除する働きをサポートしてくれるエッセンスなのです。

コモンジェニパー(腎臓・肝臓用)(ペット用)《ジェモセラピー》60ml

本来、腎臓や肝臓は、体の中の不要物や毒素を分解して、体から有害物質を排除する働きをする臓器です。この大切な働きを維持するために、コモンジュニパー(西洋ネズ)は、臓器の細胞ひとつひとつに働いて、毒素や新陳代謝によってできる老廃物を排出して、腎臓と肝臓の健康を維持します。また、コモンジュニパーには、肝臓の炎症を防ぐ効果や、腎臓に対しては利尿の効果があることが認められています。

草花による中毒は、ペットの周りにいる人間が配慮してあげることで
避けることが出来るものです。

これからの季節、キレイな草花も増えてくるので、ペットの散歩のついでに
見て回りたい、切花にして飾りたいという気持ちにもなると思いますが、
ぜひ、ペットの安全を優先してあげてくださいね。

それでは、次週もまた火曜日にお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。