第8チャクラはどこにあるの?役割は?

こんにちは、スピリチュアルセラピストの相川葵です。

人間には、7つのチャクラがあると言われています。しかし、第8チャクラと言われるものも実際に存在しています。
えっ……第8チャクラって一体何なの? どこにあるの?
今回は、そんな疑問にお答えしてまいりたいと思います。

まずは第8チャクラの場所を確認しておきましょう。
第8チャクラの場所は、頭の上です。頭頂から15~20cm上という人もいれば、あるいは、頭頂から30cmほどと言う人も多いようです。遠いケースでは、頭頂から60cmという場合も。具体的にその距離は個人差があるようにも思われます。
第1~第7のチャクラは、まがりなりにも人体の中に位置していたものですから、比較的わかりやすいですが、第8チャクラに関しては既にからだの外側です。むろん、肉体の域を超えたスピリチュアルな領域であることに間違いはありません。第8チャクラを開いていくのは、第1~第7のチャクラを開いていくよりも難しいということは確かでしょう。

では、その第8チャクラは何の役に立つのか? どんな役割を持っているのでしょうか。

第8チャクラが開くと、その人の霊的な目線が大きく開かれることになります。
もちろん、第1~第7チャクラまでの間で、額の間にある第3の目と言われる第6チャクラとか、頭頂部にある第7チャクラといった部分も、きわめてスピリチュアルで霊的な領域に近く、これらのチャクラが開かれるに従ってハイヤーセルフとのつながりは強くなり、肉体的な視点だけでは見ることのできないものを見たり、感じたりすることができるようになります。
ただ第8チャクラに関しては完全に人体の外側に存在しているものであり、宇宙そのもの、ハイヤーセルフそのものと、直結するチャクラです。癒しや、愛が自分自身を形づくっていることを、第8チャクラが開くにしたがって実感するようになります。自分自身は確かに一人の人間だけれど、宇宙の中の、宇宙に愛されたひとつの存在として自分を認識していくのです。選ぶべき未来が見えるだけではなく、全ての悩みは、感じる意味のないものとして、心を解放することができるでしょう。

宇宙につながるための第8チャクラを開くには、自分の外側に目を向けるだけではなく、反対に自分の内面を突き詰め、自分自身と向き合うことも必要です。
またインナーチャイルドメッセージオイル「ソウルスター(第8チャクラ)」や、「瞑想(Meditation)」も用いてみましょう。
自分と向き合うことで、本当に求めているものを探し当てることができるでしょう。

ソウルスター(第8チャクラ)(高次の自分を開く) 《インナーチャイルドメッセージ》 15ml

「ソウルスター」は、8番目のチャクラのことを指します。一般的に、人体に存在するチャクラは7つだと言われています。では、8番目のチャクラとは何なのか?

それは、人体の外側にあります。人の頭頂のさらにすぐ上に存在すると言われています。既に体の中ではなく、ピンとこないという方も多いのですが、スピリチュアルに馴染みのある人でしたら、感覚的にその存在を感じていることも多々あることでしょう。

この第8チャクラが活性化していると、高次元の自分そのものであるハイヤーセルフだけではなく、それを超えた宇宙につながることができると言われています。

ですから、第8チャクラを活性化すれば、自分自身の感覚や意識、精神のレベルを、より高いところへ引き上げていくことができるでしょう。

第8チャクラは、通常何も意識しない状態ではほとんど眠っています。ソウルスター(第8チャクラ)(心の眼)を使い、刺激を与え、目覚めさせてあげましょう。また、第8チャクラの存在を感じられている場合でも、宇宙とのつながりをよりはっきりとした、安定したものにするために、「ソウルスター」の使用をおすすめします。

Meditation(瞑想) メッセージオイル 15ml

…今の生活を、気持ちを、精神レベルを、もう一段階引き上げたい。
でも、どうやってやればいいの?
そんなあなたにおすすめなのが、
インナーチャイルドメッセージオイル「Meditation」。
このオイルは瞑想にぴったりの香り。
あなたを聖なる精神世界へと、まっすぐに案内します。
目を閉じれば、深いリラックスをもたらし、
気持ちが安定しているのを感じることでしょう。
おやすみ前のリラクゼ―ションアロマとしてもおすすめです。
相川葵

相川葵

2008年アメリカ留学後、ヒプノセラピーのお店を日本で開業する。その後数々のテレビ出演依頼を受ける。主に催眠術番組や霊感番組など、現在はセラピストの経験を生かし、小学館の専属ライターとして占い、心理学などの記事を連載中!!