猫も蚊に注意!その皮膚炎、蚊アレルギーかも?

おはようございます、HALです。

ただ今、痒みと戦っております(苦笑)。
毎朝、庭の花壇に水遣りをしているのですが、
蚊が発生していたようで、とうとう刺されてしまったのです。

この蚊、犬の場合はフィラリア(寄生虫)症という
命にも関わる病気を媒介する危険性があることから、
予防するための投薬などが当たり前になっている感があります。

しかし、猫の場合は、気にされないことのほうが多いのではないでしょうか?

でも近年、猫もフィラリア症にかかることが分かり、
動物病院でもそうした症例を見るようになってきたとのことです。

フィラリア症に関しては、すでにご存知の方も多いと思いますが、
蚊を媒介して血液の中に“幼虫”という形態で犬猫の中に入ると、
心臓や肺に留まり成長していき、血液の流れを阻害したり、
呼吸困難を引き起こしたりし、治療を施さないでいると死に至る危険な病気です。

他の症状としては、わかりやすいものとして咳が挙げられます。
苦しそうな変な音の出る咳をするのです。(※肺に寄生した場合)

ただ、飼い猫の場合、完全室内で生活している猫が多いことから
感染する確率は犬に比べて少なく、また、猫の体の構造上発見することも難しいため、
元気に見えていたのに突然死し、その原因が実はフィラリア症だったと
後から分かることもあるのだそうです。

犬より少ないとはいえ、猫もフィラリアにも気をつけたいところですね。
しかし、蚊に刺されることでの危険は、それだけではないのです。

実は、夏になると耳の後ろ部分を中心に皮膚炎にかかる猫の内、
その原因が蚊だったという例は多いのです。

猫の場合、皮膚の薄い耳の後ろを刺される可能性が高いのですが、
通常、蚊に刺されても人間のように痒みに襲われることはないと言われています。

しかし、以下の場合は別です。

それが『蚊アレルギー』です。
蚊アレルギーを持つ猫が蚊に刺されると、刺された部分以外にも
痒みを感じてしまい、全身を掻きむしるということがあります。

そして、刺された所を中心にかぶれて脱毛したり、掻くことが原因で
傷が出来たりと、見た目にも可哀想なことになってしまうのです。

治療をしなくても夏が終わるころには症状は治まってくるようですが、
猫にしたらたまったものではありませんよね?

そこで、蚊を寄せ付けないためのペット用薬などを使用して、
予防を図ると同時に、エッセンスで予防力を強化することをおすすめします。

フリー・フリー(ノミのケア)《グリーンホープファーム》14ml

我々の様々な研究の結果、電気的な活力の高い動物が害虫をはねつける力が強いことがわかりました。このエッセンスは動物の電気的な活力を高めることで、ノミをはじめとする害虫をよせつけなくすることに役立ちます。

フリー・フリー」は、ノミに対する効果もありますので、これを飲み水に混ぜたり
撫で付けたり、スプレーにして吹きかけるなどするだけで、害虫対策になるスグレモノです。

虫刺されの痒みの辛さを、かわいいペットに体験させないための対策で、
この夏もペット共々快適に過ごしていきたいものですね。

それでは次回は8月1日、第1火曜日にまたお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。