コリアンダー花図鑑

原材料名:コリアンダー(Coriandrum sativum)

原材料についてわかりやすく解説するテキスト文。原材料についてわかりやすく解説するテキスト文。

古くから栽培されており、中南米や中近東、中国、東南アジア各国では毎日の料理に欠かせないものになっています。ミツバに似た葉と種子には独特の香りがあり、中国では香菜(シャンツァイ)、タイではパクチーと呼ばれています。日当り水はけの良い場所を好みます。移植に弱いため直播きして間引きしますが、あまり幼苗のうちに行うと花が咲かないことがあるので気を付けましょう。夏は半日陰の涼しい所で管理すると、花つきが遅く若い株を保てるので長く楽しめます。ニンニク、ショウガ、トウガラシ、ミント、ココナツなどと相性が良く、エスニック料理や中華料理に用いられます。混植するとアブラムシを寄せ付けないので、花壇でも活躍します。